春の季語一覧

俳句例:201句目~

迫はるごと冬や春への家欲るも/清水基吉

旅せんと思ひし春もくれにけり/高浜虚子

比良の雪春はけぶりてきてをりぬ/森澄雄

掃溜にこれはこれはの春も来し/正岡子規

春は名のみ帆の如く来て埋骨す/栗林千津

木を削り彼方で春は血を流す/津沢マサ子

峠路の春も吹雪くといふことを/稲畑汀子

春は夜の処女の秘密に月にほふ/飯田蛇笏

風呂敷を抱ふ出で立ち春は来ぬ/高澤良一

葛飾の春よたんぽゝ屋根に咲き/岸風三楼

曇り空春は何處かで足踏みして/高澤良一

亀鳴くと春は水より動きけり/小松崎爽青

フルート吹く盲人春は逝くものを/有働亨

みほとけの思惟吾の思惟春は徂く/大橋敦子

春が来てゐる一本のいつもの木/高橋謙次郎

春が来る水は跳ね跳ねつるべ井戸/中山純子

われ措きて万象春へひたいそぐ/篠田悌二郎

湿衣の男児なお擁きしめ春はゆく/赤尾兜子

氷の原春はちかしと日を浴ぶる/長谷川素逝

春よただここぞ木草のにぎはしき/広瀬惟然

俳句例:221句目~

春は茶の子の鶯餅のとりまはし/廣江八重櫻

眼を開けば梅よ眼をつむれば春よ/嶋田一歩

春は淋し誰も目の無い達磨買ふ/加倉井秋を

遠山もさだかに春よ仏舎利塔/阿部みどり女

「遮莫」二字書きて春は暮れたり/折笠美秋

春は来ぬ淋しさきのふけふならず/林原耒井

雀らと両手の陽焼け春はゆくかな/金子皆子

春は曙そろそろ帰つてくれないか/櫂未知子

春は徂くすかんぽの茎すでに伸び/福田蓼汀

御簾越しに築地の春も逝きにけり/岸風三楼

春は名のみの三角巾をどう干すか/池田澄子

春はまぶしやふぐりある馬を見し/中山純子

春もやゝあなうぐひすよむかし聲/蕪村遺稿

春も徂くか釘打つ音を最後とし/加倉井秋を

春はあけぼの陰の火傷のひりひりと/辻桃子

ゆさゆさと春が行くぞよのべの草/小林一茶

春はものの句になりやすし京の町/夏目漱石

草伸びてすゞめの春もゆきにけり/中尾白雨

我門に春は来にけり蝶が来て/阿部みどり女

何ほどの度胸ぞ春はいろはより/磯貝碧蹄館

俳句例:241句目~

おとづれし春は乳房のごとやさし/国弘賢治

風見矢のま白き春も徂かむとす/加倉井秋を

この春は徂くにつけても風雨かな/高浜虚子

朝寒ぢや夜寒ぢや春はくるるのぢや/佐藤紅緑

前降りの背晴れに春も遠からず/安斎櫻カイ子

春が行ってしまう微笑み置いたまゝ/内田南草

植樹祭春はふくれてくる土の乳房/吉岡禅寺洞

もうそろそろ春が来るかと遠めがね/高澤良一

水に春は来てペンギンは空を見て/千代田葛彦

春は名のみの虫を殺してしまひけり/栗林千津

雨降るにつけ風吹くにつけ春は行く/高濱年尾

ふるい立つ飛龍の春や斗酒のゑひ/五百木飄亭

乳啣ます事にのみ我が春ぞ行く/竹下しづの女

春や荒砥のよくまあ水を吸うことよ/池田澄子

ゆく春よ干菓子かちりと噛みあてて/細見綾子

春が来るちひろの絵本開くやうに/福本五都美

日陰つゝじ咲かねばならぬ春が行く/林原耒井

春は来ぬあだのたのみの躯いたはり/林原耒井

微笑をば立ちたる春が強ふるなり/相生垣瓜人

春はまだ膝に黄ナ粉をこぼしても/加倉井秋を

俳句例:261句目~

こんな崖にも春は来てゐて垂れる蛇/中村苑子

君が家束ねし枸杞のほぐれたき春辺/喜谷六花

かゝなべてキャベツ玉巻く春は老ゆ/石塚友二

春よこいぎらつくまつ毛こすりては/細見綾子

春や跨ぎて棒となりたるくちなはよ/柿本多映

暮るるらむ春はさびしき法師にも/芥川龍之介

をち方の花菜の春も過ぎにけり/五十崎古郷句集

この春よりあけくれのふたりづれなり/滝井孝作

春はつぶての豆ふと踏みしあなうらゆ/林原耒井

几の向きを変ふこの向きの春も逝く/千代田葛彦

春は嬰児をみがきあげては抱き歩む/柴田白葉女

かゝるむなしき際にこそ春は惜め/久保田万太郎

掌の上に反るセロファンの魚春が来た/川口重美

春は沖からヨツトが群れてまた散つて/河野南畦

たんぽぽたんぽぽ砂浜に春が目を開く/荻原井泉水

春はいたづら巴里でストライキに遭ふも/山本歩禅

春へ合唱うフォルテの後のピアニシモ/赤城さかえ

春は赤芽のつんつんチャンチンモドキの木/高澤良一

ガード下から春があかるすぎる靴みがき/栗林一石路

春も闌けしわが抱守を犯しつつ健かなりし父上兄上/高柳重信

俳句例:281句目~

歳月はさぶしき乳を頒てども復た春は来ぬ花をかかげて/岡井隆

一列の低い家から春が夜明けつつ煙がからまつている/橋本夢道

国頭の山の桜の緋に咲きて、さびしき春も/深みゆくなり/釈迢空

辛夷一樹一樹なるゆゑこの春も花のおもさに耐へて枝張る/時田則雄

鮮血の過越となりぬこの春はきしむ刃かいらくさの葉か/小嵐九八郎

降る雪がゆきにかげさしてしばらくは昼の陽しろし春は近づく/西村尚

あしたばの嫩葉に春ぞ隔たると身にそふ風のやるかたもなし/飯田明子

遠く来て春は競り上げたのめなし目無し達磨に目のひらく何時/北原白秋

生なくばおのづから恥ふやすなしこんこんとふかく春はたけゆく/坂井修一

タイトルとURLをコピーしました