昼下りを使用した俳句

昼下りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

昼下りを含む俳句例

一八の花片垂れし昼下り/甲斐梶朗

囀は一樹にこもり昼下り/高木晴子

羽蟻飛ぶや大師河原の昼下り/楚琴

末枯の萩に風出ぬ昼さがり/日野墓域

花の雨まこと静かに昼さがり/上村占

菱売りの声の近づく昼下り/伊藤通明

葭切の熱きのど笛昼下り/櫛原希伊子

つがひ鴨交互に羽打つ昼下り/内野睦子

つまぐれに指染めてみる昼下り/半澤律

尺蠖の大きな伸びの昼さがり/平子公一

川千鳥湯ざめおぼゆる昼さがり/上村占

昼さがり滴りのあと葉にみえて/中田剛

昼下り自転車で来てさくら狩/高澤良一

猿酒に酔うてうかうか昼下り/中村田人

菜の花や汲茶しらける昼下り/内藤丈草

葛餅の二折りを提げ昼さがり/今泉貞鳳

魚哭きて山頂の木の昼下がり/坪内稔典

鰊かな狼煙上げたき昼下がり/櫂未知子

土用芽の伸びて気だるき昼下り/武田光子

木瓜の実の風に吹かれて昼下り/安藤龍子

俳句例:21句目~

昼下がりのテレビに赫し飢餓の国/岩間民子

鮎釣りの背が透けてゆく昼さがり/伊丹公子

鷹を飼う家に行きつく昼さがり/宇多喜代子

いらくさを愛しきれない昼下がり/津沢マサ子

軽井沢の昼下り東京パンの匂ひのこる/田中冬二

タイトルとURLをコピーしました