駱駝を使用した俳句

駱駝に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

駱駝を含む俳句例

駱駝歩む先は浄土か朧月/松本旭

父逝くは悔し夕空を駱駝/瀬戸密

夕凪や瘤太りだす駱駝像/加藤三陽

夕焼の雲より駱駝あふれ来つ/楸邨

極寒の駱駝に風の殺到す/原けんじ

難民の駱駝秋風より高し/片山桃史

熱沙ゆく無限X駱駝の脚/小檜山繁子

天上に颶風童女を載せ駱駝/片山桃史

駱駝負ふ都会の砂漠花曇り/渡辺恭子

熱帯夜天降る駱駝と異邦人/白石司子

初夢の駱駝ぬけゆく針の穴/小室善弘

人間を見ている駱駝夏休み/森田智子

黄沙降る夕日駱駝の腫れ瞼/佐野美智

全き水平駱駝が運ぶわが骸/山田穣二

新綿や駱駝連ねて運ぶとは/野村喜舟

黄塵の空に駱駝が首伸ばす/小野麦村

刈草を積むも駱駝の瘤の谷/山本歩禅

駱駝坐す春泥の峰二つ乗せ/渡辺恭子

北に入る駱駝の跡や砂の霜/会津八一

秋の蝶飛び駱駝ゆく街の中/五十嵐播水

俳句例:21句目~

ながしめす駱駝に旅の遅日光/飯田蛇笏

陽炎に駱駝の歩く甲斐なけれ/平畑静塔

霧迅き市や駱駝の殖えゆきつ/小池文子

ゴビを行く人も駱駝も夕焼す/下村梅子

首ふつて弾み歩きの灼け駱駝/鷹羽狩行

駱駝いま運ぶ屍の日蔭持つ/小檜山繁子

駱駝より降りて握手や棉の秋/安田北湖

冬の日に駱駝の鼻先白っぽく/高澤良一

二瘤駱駝ながなが尿る初仕事/渡辺恭子

土用浪砂丘駱駝を友とせず/百合山羽公

夏疲れ駱駝が膝を折るやうに/茨木和生

夏負けて駱駝の列を見送りぬ/藺草慶子

愛されず冬の駱駝を見て帰る/清水哲男

月明の帰化城に入る駱駝かな/加藤秋邨

砂漠には壺を抱きて寝る駱駝/対馬康子

目隠しをされた駱駝が炎天下/小西昭夫

晩秋の日本に駱駝老いにけり/小泉八重子

泣きながら駱駝のわたる天の川/小西昭夫

暖かや首のべて駱駝うづくまる/臼田亞浪

山裾に日はさめやすし駱駝薯/小田つる女

俳句例:41句目~

メリケン粉積んで奥地へ駱駝橇/田村了咲

仮幻忌の海市を追ふや駱駝の背/白井眞貫

春の山駱駝のごとくならびけり/室生犀星

駱駝またたかず瞼の蝿にさへ/宗像夕野火

駱駝の背高し秋天また高し/佐土井智津子

秋深む駱駝はまぶたばかりなり/柿本多映

駱駝が啼く釣瓶落しと思ひけり/松山足羽

集めたる駱駝の陰や馭者昼寝/鷲澤喜美子

荷風忌を駱駝に乗りて遊びけり/有馬朗人

まなうらに駱駝の現るる日向ぼこ/高澤良一

黒南風やふいに駱駝の微笑せる/殿村莵絲子

罪のごとく瘤負つて駱駝緑蔭に/田川飛旅子

長き長き梅雨雌駱駝のすわりだこ/香西照雄

春の山らくだのごとくならびけり/室生犀星

睫毛濃き駱駝に揺られこどもの日/吉原文音

駱駝ねて黍の穂噛めりとある門/五十嵐播水

砂丘の客駱駝に仁義きりぎりす/百合山羽公

何といふ脚下はるかぞ駱駝照る/中村草田男

駱駝の睫毛春の失意を乗せましょか/五島エミ

月の夜に駱駝のアキレス腱スープ/上田日差子

俳句例:61句目~

秋の日が墜ちる駱駝はかんがへる/富澤赤黄男

デイゴ咲く園に生まれて駱駝の子/伊藤いと子

冬の木の駱駝のやうにありにけり/今井杏太郎

駱駝に乗れば夕焼紅蓮のピラミッド/石原八束

いみじくも補陀落という駱駝かな/渡辺誠一郎

客待ちの駱駝にアカシア散りかかる/刑部賢次郎

春浅き砂丘に立ちて人を待つ駱駝の背の紅き鞍掛/昌子明

新しきとしのひかりの檻に射し象や駱駝はなにおもふらむ/宮柊二

絵本に示す駱駝の瘤を子が問へば母はかなしむその瘤のこと/中城ふみ子

ゆらゆらと瘤揺る駱駝をりをりに細きひとりの目をあげてをり/初井しづ枝

タイトルとURLをコピーしました