誰彼を使用した俳句

誰彼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

誰彼を含む俳句例

誰彼にくれる印や種瓠/高浜虚子

誰彼の声のやさしく花芒/桂信子

誰彼の余命や花の非常口/栗林千津

誰彼に釣れて佃の走り鯊/染谷秀雄

誰彼に吉凶のあり松の芯/三浦裕子

愛憎の誰彼とほし初蚊遣/伊藤孝一

誰彼にくれる印や柚味噌/高濱虚子

誰彼に及ばぬ弋や秋刀焼く/あき子

春雪に寧かれ誰彼受験子よ/及川貞

極楽へゆきし誰彼牡丹雪/村越化石

見渡して誰彼若し初句会/小出秋光

誰彼を心に遠く炉を開く/河合嵯峨

炎天に誰彼遠くなりにけり/安藤靖

大石役者誰彼ぞ亡し義士祭/牧野寥々

この町の弱法師は誰彼岸寺/京極杞陽

誰彼となく踏みつけて毒茸/小畑柚流

馬市に酔つて誰彼恋しさう/成田千空

誰彼と集はれよこの月の宿/高木晴子

誰彼もあらず一天自尊の秋/飯田蛇笏

誰彼も梅影を背に逍遥す/大場白水郎

俳句例:21句目~

貧交の誰彼とほし春の雁/上田五千石

文学を捨てし誰彼ゐのこづち/小澤實

青き踏む夢の誰彼若きかな/吉田鴻司

若き日の誰彼の顔牡丹鍋/長谷川史郊

誰彼となく美しく夏たのし/奈良鹿郎

山笑ふふるさとびとの誰彼に/楠本憲吉

誰彼の足音のなか盆が来る/木附沢麦青

誰彼に及ばぬ才や秋刀焼く/石田あき子

誰彼の老いし小顔や四明の忌/粟津水棹

誰彼の目の集まれり紅葵/阿部みどり女

誰彼の声聞き分けて朝寝かな/河村紫山

誰彼に喧嘩を売つて菊の前/大木あまり

一位の実熟れて誰彼嫁に行く/菖蒲あや

芽ぶく森扉が開き誰彼を許す/宮坂静生

友泊めて誰彼のこと聞く夜長/影島智子

目高立体誰彼の肝見透しに/中村草田男

子規忌ゆゑ誰彼に逢ふ心あり/高濱年尾

誰彼の咳に散りしく花うばら/横山房子

誰彼に無沙汰ばかりや蕗の薹/鈴木花蓑

文束に亡き誰彼や桐の花/ながさく清江

俳句例:41句目~

日脚のぶ道の誰彼なつかしく/高木晴子

誰彼に逢うて蓮の実とぶ故郷/伊藤京子

誰彼を泊め申しけり別れ蚊帳/岡田静女

誰彼にひきあはされて花疲れ/安部悌子

退院の誰彼来ては日焼けをり/朝倉和江

還らない誰彼扇風機をしまう/春日井誠

バレンタイン誰彼なしに影加へ/松澤雅世

死せる誰彼浅蜊の唄に近すぎる/栗林千津

誰彼に逢へば中りし河豚のこと/稲畑汀子

誰彼の死や水芭蕉の花ほんのり/榎島沙丘

波郷忌の誰彼親し蕎麦うまし/下村ひろし

誰彼がかれこれいふて年暮るる/会津八一

誰彼も死んでしまへば枯野かな/草間時彦

芋煮ゆるまで誰彼を誹りけり/佐々木六戈

たづねくる誰彼見ても秋涼し/大場白水郎

誰彼来ない句会で黙祷めく選句/楠本憲吉

誰彼の生死気になる冬ごもり/古賀まり子

初袷訪ふべき誰彼思ひ見る/阿部みどり女

奉公にゆく誰彼やばい廻し/久保田万太郎

酔うて漂う深夜の海市誰彼失せ/楠本憲吉

俳句例:61句目~

蛇苺誰彼の影よぎりけり/飯島晴子「平日」

無頼派の誰彼逝きて落霜紅/七田谷まりうす

誰彼と居なくなる日の大暑かな/枝久保辰生

誰彼に句を聞かさばや草の餅/長谷川零餘子

誰彼の痩せてすこやか秋暑し/阿部みどり女

ぽつぺんの中を誰彼吹き抜けぬ/山田みづえ

虚子の死や誰彼の死や年惜しむ/成瀬正とし

誰彼私はりはりわたるひたちかな/阿部完市

ぽつぺんを吹けば誰彼すぎゆきぬ/山田みづえ

かいつぶり見てきしことを誰彼に/矢崎アイ子

しきりに恋ふけふ太宰忌の友誰彼/石川/桂郎

チラと雪になる入営旗がゆれ誰彼の面をなで/柳京次

ひなげし誰彼にわかち一とかたまりのひなげし/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました