鍵穴を使用した俳句

鍵穴に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鍵穴を含む俳句例

山荘の大き鍵穴囀れり/丹羽啓子

全身に鍵穴ありて花衣/攝津幸彦

鍵穴に鍵差したまま朧月/塩見恵介

鍵穴が箪笥に三つ春の蝉/寺井谷子

鍵穴と同じにおいの草蜉蝣/渋川京子

光失せし気球は天の鍵穴か/横山房子

劇薬の棚に鍵穴ほぐるる芽/中村路子

鍵穴に光りあてがふ冬館/古川ヨシエ

鍵穴に磔像います雨やどり/大島民郎

鍵穴に鍵の確かさ冬銀河/松倉ゆずる

春眠や鍵穴つぶす鍵さして/日野草城

鍵穴の大きく棗あかあかと/田中裕明

校倉に大き鍵穴冬はじめ/楠戸まさる

火事近し鍵穴急に小さくなる/穴井太

鍵穴をぬけてあやふし鎌鼬/筑紫磐井

鍵穴を鍵が嫌ひぬ沈丁花/ふけとしこ

宝石店の無数の鍵穴野象泛く/伊丹公子

獅子庵の鍵穴ずれし支考の忌/山川佳珠

鍵穴の向うは母のおろおろ鳥/中村苑子

鍵穴の大きく月の御輿蔵/松岡ひでたか

俳句例:21句目~

鍵穴に蜜ぬりながら息あらし/寺山修司

鍵穴の鍵が大和を見ておりぬ/高桑弘夫

鍵穴に蒲団膨るゝばかりかな/石塚友二

鍵穴を大きな蟻の出で来たる/山尾玉藻

ルーツヘの鍵穴はどこ土佐水木/竹崎あき

受難節鍵穴一つにみな鳴る鍵/平井さち子

夕べ鍵穴から預言者が出てゆく/平田栄一

燃えやすき春の麒麟を鍵穴へ/八木三日女

鍵穴に雪のささやく子の目覚め/石原八束

鍵穴を探しておれり木莵の声/山重百合子

鍵穴を鍵もてさぐる夜の薄暑/佐々木静江

月夜うつむいた家の鍵穴さがす/栗林一石路

鍵穴殖え六月の都市きらきらす/櫛原希伊子

酔ひし夜はゆめの鍵穴から覗き独り追ひたし魂のゆくへ/田島邦彦

タイトルとURLをコピーしました