調度を使用した俳句

調度に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

調度を含む俳句例

すゝ掃や調度少き家は誰/蕪村遺稿

部屋うちの調度の写り金玉/田口圭

煤掃きや調度すくなき人は誰/蕪村

菊活けて貧しき調度見じとする/林翔

調度みな掌上のもの雛飾る/皆吉爽雨

人の世の塵美しき雛調度/後藤比奈夫

初鏡妻の調度も古りにけり/塚本英哉

在原雛の調度の料紙硯箱/高橋淡路女

黴蔵の調度一生に何度使ふ/福田蓼汀

室内の調度に目のゆく秋隣/高澤良一

有徳なるひとの調度や花筵/後藤夜半

桔梗の蕾祈祷の調度に似る/高澤良一

小物にも井伊の紋あり雛調度/廣瀬凡石

後の雛調度乏しく飾りけり/高橋淡路女

ギヤマンの雛の調度や成巽閣/田中明美

峡底の穂家秋あつき調度かな/飯田蛇笏

水中花調度の多き主婦の部屋/杉原竹女

盆栽菊調度の鉢も凝りに凝る/高澤良一

早春の調度見かけぬ小窓越し/飯田蛇笏

賣喰の調度のこりて冬ごもり/蕪村遺稿

俳句例:21句目~

透垣にとなりの煤の調度かな/飯田蛇笏

鍼もする僧が調度や榾埃/菅原師竹句集

売喰の調度のこりて冬ごもり/與謝蕪村

どれか一つ二つ欠けゐる雛調度/塩川雄三

真夜の地震ありたる雛調度かな/行方克己

雛調度牛車より誰が降りにけむ/高澤良一

さしあたり雛の調度を並べみん/高澤良一

ストーブを赤い調度として数ふ/吉岡翠生

煤掃いて卑しからざる調度かな/村上鬼城

不足なる調度になれて煤払/阿部みどり女

室咲や古き調度に埋もれ住む/島田みつ子

ことごとくまことをうつし雛調度/本田あふひ

遠き日の汝とかざりし雛調度/スコット沼蘋女

ライラック咲いて調度はもの古りて/大峯あきら

タイトルとURLをコピーしました