女身を使用した俳句

女身に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

女身を含む俳句例

冬草の茫たるさきの女身仏/林徹

限りなく仏女身や藤の花/川嶋桃子

鐘一つ打つて秋澄む女身かな/美沙

面つけて忽ち女身山笑ふ/角川春樹

袋角熱しや八十路とて女身/木田千女

鬼灯市女身鬱々ゆき暮るる/野澤節子

女身仏花の盛りをながびかす/遠野翠

春寒の灯影つくづく女身仏/行方克己

杳杳と女身仏あり秋渇き/山田真砂年

松を見るに女身見る如し春の雨/耕衣

女身とは光をはじく岬かな/鎌倉佐弓

十方にこがらし女身錐揉みに/三橋鷹女

夜濯ぎの女身触るゝは闇ばかり/藤紗月

女身仏に春剥落のつづきをり/細見綾子

女身佛に春剥落のつづきをり/細見綾子

女身容れ水の緊まりし滝柱/つじ加代子

女身業深し秋思の眉をひく/田丸つや子

滝行を終へたる女身細りけり/福神規子

雪ふりだす微かな音を女身仏/中山純子

雪掻きて汗に柔らぐ女身たり/白井米子

俳句例:21句目~

つちふるや反転図形女身泛き/中戸川朝人

水上スキー女身均斉ひるがへり/小池文子

水取りの闇ごめ女身押しあひぬ/伊藤敬子

濃紅葉や湯舟に女身透きとほる/板谷芳浄

竹皮を脱ぐかたはらに女身かな/岩城久治

花種を蒔くや指さきまで女身/櫛原希伊子

寒紅をおちよぼにつけて女身仏/山本麓潮

寒垢離の水のはなるるとき女身/貴田将子

指切りの野道も女身も地平線/小泉八重子

ほうたるや闇も女身もなまぐさし/山田貴世

女身仏の剥落や白まんじゆしやげ/栗林千津

女身濡れてプール出づるを羨望す/草間時彦

潮浴びの女身が鞭のごとく立つ/ほんだゆき

待宵の砂丘女身となりて泛く/鍵和田ゆう子

凍滝や女身はそよぐもの持てる/鍵和田ゆう子

ギリシャ岩山女身みどりに疾風の尾/八木三日女

東風の夜の女身術なし「鳩と蛇」/鍵和田ゆう子

滝行の女身はも乳尖らする/東條素香「鶴俳句選集」

タイトルとURLをコピーしました