札所を使用した俳句

札所に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

札所を含む俳句例

三十番札所の春の氷かな/稚

新繭の匂ふ秩父の札所径/鈴木冽

麦秋やどこも能筆札所妻/木村勇

松籟の高き札所へ初詣/上崎暮潮

時鳥御姿貰ふ札所かな/鈴木孝信

水鳥や西国札所竹生嶋/尾崎迷堂

木苺の崖の下径札所みち/石塚友二

坂東の札所にきたる蜆賣/黒田杏子

夕送る札所の梅の白々と/山田弘子

札所寺囲み阿讃の山笑ふ/馬場隆子

ゆるみなき茸縄つづく札所径/原裕

札所寺大鉢に生ふ布袋草/高澤良一

札所寺百日紅に汗退けり/高澤良一

突兀を負ふて札所や今朝の秋/爽波

筍の荷がゆく朝の札所前/飯田龍太

雪月の雪の底なる札所道/深谷雄大

頬赤や峠越えれば札所寺/岩間民子

大雨が洗ふ札所の樟若葉/新田祐久

田水沸く札所の村の大鴉/大峯あきら

爪先まで憩う緑陰札所かな/宮田頼行

俳句例:21句目~

どの家も軒に柿干し札所道/浅見さよ

水雪の降る日暮まで札所道/吉田紫乃

一番札所訪ふ昂りに冬の汗/奈良文夫

楊梅熟る青鬱然と札所寺/松崎鉄之介

桑芽ぐむ農道はまた札所道/桑原晴子

札所への枯草道は近かりし/椎野房子

松蝉や畦走らせて札所みち/河野南畦

打止の山の札所の残花かな/上崎暮潮

摂待の札所や札の打ち納め/子規句集

札所出て里道一里春疾風/吉木フミエ

黄落やいま黄金の札所みち/吉野喜雨

札所より札所へ流れ芹の水/今川青風

札所寺二番で降られ夏の雨/高澤良一

札所へと道案内す赤とんぼ/山本博子

藍の花咲く番外の札所かな/豊川湘風

袋掛さなかの丘に札所あり/美馬風史

酢橘採る鋏のひびく札所道/丸川越司

恵方とて一番札所詣でけり/松村節子

青田風吹き込む三番札所寺/高澤良一

順礼の札所出て行く日永哉/正岡子規

俳句例:41句目~

団扇風いただき一番札所寺/高澤良一

鶏糞の筵干さるる札所寺/小島千架子

笈摺に札所の朱印薄紅葉/金山貴志子

札所寺梅干寺となりにけり/東洋城千句

栴檀の実に巡りたる札所かな/浜/秋邨

秋蜂の五番札所に死にに来し/名和未知

お札所へ柿の秋なる村を過ぎ/高浜年尾

どの木なる夏うぐひすぞ札所寺/辻桃子

ポスターは都をどりや札所寺/大島民郎

修正会の札所甘酒滾りをり/池内けい吾

老鴬や次の札所へ峠越え/佐々木ツタ子

葉牡丹の長けて塔なす島札所/池上樵人

囀や次の札所へ尾根づたひ/柳沢仙渡子

地図ひろげ次の札所へ夏遍路/吉田敬行

襟寒し紋日札所の飴なめつつ/野竹雨城

夏に入る納め札所の百の杖/太田シズエ

鐘一つ撞いて札所の土佐水木/宮川貴子

子遍路に山彦のゐる札所かな/山崎一角

座禅草ぬかるみ続く札所径/岡村美恵子

数珠玉や鶏がかほ出す札所寺/関戸靖子

俳句例:61句目~

朝雲雀札所の方に上るらし/大峯あきら

札所ひま桜蘂ふるばかりなり/宮下翠舟

鷹の巣の崖を背らに一札所/荒川あつし

札所より踊の寺として知られ/山下美典

春ふかし樹々の花噴く札所かな/橋本榮治

打ち止めの秩父札所や夕河鹿/堀井より子

札所抱く端山は雪の消えゐたり/宮津昭彦

札所道ほたるぶくろを刈り残す/宮田富昭

春蝉や次ぎの札所は又のこと/深川正一郎

団扇など置きてもてなす札所寺/高澤良一

札所出る遍路は長き列となり/森本キヌ子

二千年二月二十日の札所かな/矢内とき子

ゐのこづち妻につきゆく札所径/中村宏汀

こぼれ米ひろひ札所の羽抜鶏/浅野久美子

お札所の楠の落葉の終りたる/近石ひろ子

札所にも咲けば似合ひて冬薔薇/稲畑汀子

秩父札所二番あたりより薄暑/三田きえ子

胡麻は実に眉吹かれゆく札所道/小島千架子

胡麻干して札所寺にはあらざりし/富安風生

囀や札所のこんにゃくうすみどり/鷲見緑郎

俳句例:81句目~

歩かねば札所につかぬきりぎりす/堀越胡流

やあ紅葉八番札所のぽっくりさん/高澤良一

札所へのしるべも雪におぼれけり/小島千架子

妻つれて日ぐれに打てる札所かな/深川正一郎

着ぶくれて来ても札所のよく冷ゆる/稲畑汀子

タイトルとURLをコピーしました