饅頭を使用した俳句

饅頭に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

饅頭を含む俳句例

饅頭で人をたづねよ山桜/其角

名物の饅頭店や枯榎/正岡子規

盆棚に薯蕷饅頭真つ白な/石嶌岳

盆棚に薯蕷饅頭真つ白な/石嶌岳

衰退の饅頭可愛や雪の店/永田耕衣

探梅や太鼓饅頭ふところに/小田元

仏名や饅頭は香の薄けぶり/洒/堂

春一番紅白饅頭届きけり/内田美紗

地蔵会の饅頭届く駐在所/久保方子

饅頭の片割れ包む敬老日/松山足羽

饅頭笠一つ置きある寺の縁/谷繁子

饅頭の類配られ夏に入る/米田/透

松籟の裏側に座し葛饅頭/田中君恵

饅頭に巣籠る鶴や四月馬鹿/浜明史

匂鳥来る饅頭の蒸し上がる/片山依子

饅頭の天邊に印あたたかし/中原道夫

饅頭の左ひねりに解夏の卓/角川照子

塩饅頭甘さもすこし夜の秋/長谷川櫂

饅頭の数ほともなき命かな/尾崎紅葉

春雨に土佐人は著る饅頭笠/高濱年尾

俳句例:21句目~

饅頭の肌の烙印もがり笛/平井さち子

饅頭や足の黴たる童子ども/永田耕衣

棚経の僧に包める酒饅頭/中川冬紫子

水中に水饅頭の曇り失せ/片山由美子

到来の饅頭蒸すや春の雪/大場白水郎

義士祭酒饅頭をたうべけり/増田龍雨

道に出て饅頭を売る秋の暮/橋本榮治

ぶるぶると葛饅頭や銀の盆/千原草之

饅頭に押す紅しかと国慶節/高澤良一

五色饅頭青は色濃き春の風/久米正雄

初不動歳三饅頭よく売れる/江原正子

饅頭の勾玉晴れぞ秋景色/中尾寿美子

蒸饅頭浪曲なれど母恋ふ声/中村草田男

焼き饅頭焦げて秩父の祭来る/下山宏子

饅頭を焼けよ中国山脈の灯/稲岡已一郎

書に倦みて饅頭焼けば雁の声/正岡子規

追分に饅頭蒸さるゝ若葉かな/野村喜舟

饅頭買ふて連に分つやお命講/正岡子規

桑の籠おろし饅頭たべて居り/田中冬二

閏二月饅頭を置き臈たけぬ/中尾寿美子

俳句例:41句目~

雪降れば湯気倍にして饅頭屋/高澤良一

電話器のかかれる霧の饅頭屋/京極杞陽

肉饅頭の湯気に地球の温暖化/松山足羽

花袋忌の田舎饅頭ふかしけり/落合水尾

芹鳴るや饅頭四五個思い出づ/永田耕衣

へんろいし饅頭を割る十二月/黒田杏子

饅頭をまふたつに割る苗代寒/橋石和栲

塗り盆に葛饅頭のふるへをり/櫂未知子

饅頭の湯気のいきりや霜の朝/正岡子規

葛饅頭少し片より固まりし/上田立一呂

饅頭を割る虫出しの雷のあと/川崎展宏

饅頭を提げて春雪浴びてをり/佐川広治

甚平著て饅頭笠著て土佐の人/高濱年尾

しづり雪どたりどたりと饅頭屋/高澤良一

佗助や葬式まんじゅう大ぶりに/吉田朱鷺

初秋の伊那の谷間のまんじゅう屋/森慎一

韓信の股潜りかやまんじゅう蟹/高澤良一

忌の満つる葛饅頭のくぐる喉/赤松ケイ子

指のかげ皿に落しとる葛饅頭/室積波那女

豚饅頭を山積み春節セールなり/高澤良一

俳句例:61句目~

買ひ足せし葛饅頭の冷えて居ず/杉浦冷石

酒饅頭ほんのり焦げて暮春かな/村越化石

葛饅頭ひよっこり伯父の訪ひぬ/成瀬靖子

饅頭のあづきこぼすな蚊屋の内/立花北枝

饅頭のあんこさながら日向ぼこ/浜崎敬治

氷室饅頭頬張りゐたる安居かな/市堀玉宗

攻め上がつたる饅頭の黴童子/佐々木六戈

饅頭屋のせいろ遊ばすえごの花/細川加賀

葛饅頭お産に一人目二人目あり/高澤良一

まんじゆうに何も起こらぬ夏の昼/柿本多映

五百といふ雪まんじゆうのみな仏/北川英子

野分来て葛まんじゆうの皮に泡/鳥居おさむ

庭見世の衣裳/柿/栗/桃饅頭/下村ひろし

饅頭に焼ごてを当て多喜二の忌/久保田千鶴

来る当ての人数の数の葛饅頭/宮城きよなみ

葬式饅頭焼けてかうばし梅雨籠/嶋屋都志郎

囀る日葬式まんじゆう薄みどり/中尾寿美子

葛饅頭の桜葉は寺へ来て摘むかな/喜谷六花

初商温泉まんじゅう湯気しゅっしゅ/高澤良一

土産に買ふめをとまんじゆう初聖天/関戸高敬

俳句例:81句目~

夜をこめてもぐらまんじゅう春川辺/篠田悦子

まんじゅうの湯気の淡さに町霧らふ/高澤良一

檻の狸とまんじゆう頒つ老いたれば/清水径子

塩味の饅頭たべてをれば雹/神尾季羊「同席」

うれしい牛の背でみる片原でみる片原饅頭屋/阿部完市

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました