茶店を使用した俳句

茶店に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

茶店を含む俳句例

雨音や茶店簡単に秋冷/峠素子

吉原を見下す花の茶店哉/正岡子規

茶店あり白馬繋ぐ桃の花/正岡子規

風花や茶店の篭の黒玉子/曽我玉枝

春惜む三千院の茶店かな/野村泊月

杉落葉茶店の奥の火が見えて/小六

杉高く秋の夕日の茶店哉/正岡子規

清水引く茶店の庭の筧哉/正岡子規

蜩や上野の茶店灯ともる/正岡子規

梨くふて暫く憩ふ茶店哉/正岡子規

老春や大樹の下の寺茶店/河野静雲

麦の穂の中の茶店や心太/松藤夏山

橋際に藤棚のある茶店哉/正岡子規

藤棚に提灯つりし茶店哉/正岡子規

八橋を売る茶店あり杜若/正岡子規

旧街道峠の茶店の長火鉢/蕪木啓子

石段に茶店の鶏や春の山/大橋櫻坡子

しら梅や北野の茶店にすまひ取/蕪村

花芦に茶店の閑や向島/長谷川零餘子

茶店より出てさざ波の花筏/平野冴子

俳句例:21句目~

草屋なる茶店なりけり心太/尾崎迷堂

蕣に餅あたゝかき茶店かな/正岡子規

街道や稲架の中なる柿茶店/河野静雲

鶯笛ここより瀞へ茶店あり/佐藤輝城

雉一羽吊りし山路の茶店哉/正岡子規

樒売る婆々の茶店や木下闇/正岡子規

一老樹這枝茂リテ下ニ茶店/正岡子規

汽車を見る崖の茶店や花芒/正岡子規

浮寝鳥看板こけし茶店かな/清原枴童

海水浴の茶店に風の塊りが/松瀬青々

柴又の茶店いづれば稻の雨/正岡子規

煤払してゐる茶店草鞋売る/高木晴子

夜桜にこもる茶店の煙かな/正岡子規

姉弟で守れる滝の茶店かな/野村泊月

子烏を飼へる茶店や松の下/高濱虚子

春の山茶店開かれありにけり/松藤夏山

つぎものゝ茶店嫗も夏行かな/河野静雲

つくりしよ茶店の前の草の花/正岡子規

つゝじ多く石碑立たる茶店哉/正岡子規

葉櫻にひまな茶店の緋毛氈/成瀬桜桃子

俳句例:41句目~

やまめ釣戻り来りし茶店かな/野村泊月

よく喋る茶店の鸚鵡木の芽晴/中山輝鈴

瓜喰ふて旅の労れや野の茶店/正岡子規

ラムネ飲む茶店に城の崖迫り/野中木立

九時の鐘に茶店を鎖す桜かな/正岡子規

二軒目の茶店に休む夏野かな/正岡子規

秋晴の城を見上げて茶店かな/野村泊月

声張りて磯の茶店も海開き/藤原たかを

行春の床几たゞある茶店かな/野村泊月

梅林の月に閉せる茶店かな/五十嵐播水

稻刈るや螽飛び込む野の茶店/正岡子規

蚊遣香昼より焚ける茶店かな/勝又一透

清水の早紅葉の辺の茶店かな/高濱年尾

江の島の茶店の春の煖炉かな/風間啓二

新酒売る茶店ならぶや二三軒/寺田寅彦

葉桜に全くひまな茶店かな/近藤いぬゐ

矢田寺に茶店出てをり心太/植竹美代子

近江路や茶店茶店の木瓜の花/正岡子規

餅を売る茶店の軒や柿垂るゝ/寺田寅彦

三方の花を見下ろす茶店かな/野村泊月

俳句例:61句目~

雨にぬれ茶店の前の子鹿かな/村尾梅風

柿ばかり竝べし須磨の茶店哉/正岡子規

雲そこを飛ぶ夏山の茶店かな/高浜虚子

春を待つ鳥居の前の茶店かな/野村泊月

駄菓子賣る茶店の門の柿青し/正岡子規

鮎を焼く木炭こぼし茶店留守/高井北杜

灯の入りし湖尻の茶店行々子/瀬戸豊子

鶴引きて一軒きりの茶店閉づ/清水諄子

水草の生ひはじめたる茶店かな/松藤夏山

虫の音に沈みて暗き茶店あり/大木さつき

かしこくも茶店出しけり夏木立/蕪村遺稿

のどかさに餅くふ三井の茶店哉/正岡子規

遊船も出ではらひたる茶店かな/野村泊月

初観音梅のかげさす茶店かな/織田烏不関

島の著莪活けて茶店の富士見亭/高澤良一

待ちし甲斐ありし茶店の穴子飯/稲畑汀子

放生会蓮の茶店の旅人かな/久保田万太郎

日の丸をたゝむ茶店を畳むごと/攝津幸彦

花冷の茶店やいたく煙らする/五十嵐播水

秋の声茶店しまへばただの土間/香西照雄

俳句例:81句目~

湖畔まで稲架立ち竝び茶店ひま/原田青児

尾花常山崖の茶店や汽車を見る/正岡子規

草餅に紀の中へちの茶店かな/楠目橙黄子

盆に三つ大きな柿や野の茶店/岡本癖三酔

鷹の子育てし茶店の話岬村/鍵和田ゆう子

鹿の絵の屏風を立てて茶店かな/下村梅子

落葉掃くことをたのしみ茶店守り/高濱年尾

焼山の茶店で書きし手紙かな/長谷川零餘子

秋の灯や雨の茶店の早じまひ/阿部みどり女

遠くまで出でて水打つ茶店かな/大橋櫻坡子

長岡のモダン茶店の五月かな/久保田万太郎

ポストある茶店で書いて避暑便り/千原草之

虻一つ居て行き過ぎし茶店かな/長谷川零余子

強東風によしずたふれし茶店あり/阿部みどり女

夕焼け杉間からの茶店に暗くされてゐる/栗林一石路

郵便夫来る潮浴びの茶店にも/大星たかし「かつらぎ選集」

タイトルとURLをコピーしました