湯冷めを使用した俳句

湯冷めに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

湯冷めを含む俳句例

湯ざめして鏡の奥の狐顔/仙田洋子

人の閑奪ひ一閑湯ざめ来て/香西照雄

身の芯に川音たまる湯ざめかな/黛執

湯ざめせし貌寒灯の下過ぐる/桂信子

湯ざめして大正の顔客観す/原子公平

湯ざめして夜の上陸諦めし/柴田道人

剥製を女見てゐる湯ざめして/田村恵子

湯ざめして或夜の妻の美しく/鈴木花蓑

湯冷めかな折鶴の滞空かな/矢野千代子

引鶴の首を思えり湯冷めぎみ/池田澄子

白光の湯冷めをそそる秋蛍/殿村菟絲子

湯ざめして髪の細りし鏡かな/澤村昭代

ふと湯ざめ右の肩より生れけり/塙告冬

乾坤の光うしなふ湯ざめかな/木村蕪城

姿見に全身うつる湯ざめかな/菖蒲あや

小説の虜となりて湯ざめかな/綿谷吉男

川千鳥湯ざめおぼゆる昼さがり/上村占

掌のみかん冷たき湯ざめかな/滝田琴江

旅の夜の湯ざめ早しと思ひつゝ/上村占

湖見つめゐての湯ざめや春の鴨/中拓夫

俳句例:21句目~

湯ざめして鏡に他人めき映る/大熊輝一

眉を消す鏡のなかで湯ざめせり/室谷光子

湯ざめして心もとなし旅の宿/波多野爽波

商談の折合いつかぬ湯ざめさな/佐藤佐世

湯ざめして夫婦老後を計りをり/高橋悦男

おぼろげな馬の形を湯冷めかも/永末恵子

湯ざめして一終戦史よみふける/岩崎照子

湯ざめしてもの食む音の身に返る/岡本眸

湯ざめしてより美しき海の紺/今井杏太郎

湯ざめして二十世紀に遺されき/大屋達治

湯ざめして君のくさめや十三夜/日野草城

恋めきて絨毯をふむ湯ざめかな/飯田蛇笏

湯ざめして何か離れていく予感/片桐基城

鏡中に違ふ我ゐる湯ざめかな/小泉八重子

探しもの始めて湯冷め忘れをり/神鳥倫子

花かるた湯ざめの羽織うち重ね/清原枴童

湯ざめして電線がみな丸見えに/三沢容一

ぬる燗を湯ざめの上に重ねけり/草間時彦

晩年は湯ざめに似るか春の星/永井東門居

湯ざめして陶淵明の書を閉づる/森田公司

俳句例:41句目~

真白なる半衿つけし湯ざめかな/田原重子

遠火事や湯ざめ故なく恐れをり/斉藤夏風

湯ざめして鏡に命こめてをり/波多野爽波

湯呑みの湯冷めてをりしか冬隣/高澤良一

湯ざめしてそれも楽しき長電話/熊田淳子

湯ざめせり残雪は土より凹む/千代田葛彦

湯ざめして酒を垂らせる李白かな/小島健

湯ざめして純文学を好みけり/深見けん二

湯ざめして現の闇をひろげたり/長谷川双

ざうざうと湯ざめしてをり路次咄/久米三汀

藤の穂絮の兎となれり湯ざめして/中村苑子

遠くまで海にごりゐる湯ざめかな/吉田紫乃

信子逝く湯ざめのおもひして淡し/八田木枯

壁の絵の写楽に湯ざめうつりけり/細川加賀

子等寝せて俄かに湯ざめ心地かな/西村和子

ビデオに吾湯ざめのごとく登場す/能村研三

後より掴まるるごと湯ざめせり/古賀まり子

投句者に怨まれつづけ湯ざめせり/宮坂静生

星空のうつくしかりし湯ざめかな/松村蒼石

湯ざめして何かと儚ごとばかり/能村登四郎

俳句例:61句目~

湯ざめして竹人形のうすみどり/御旅屋長一

湯ざめして大きくなりぬ泣ぼくろ/櫨木優子

湯ざめして大きな月でありにけり/古舘曹人

湯ざめして庭より闇を負ひもどる/井沢正江

湯ざめして廃墟の中に立つごとし/藺草慶子

湯ざめして急に何かを思ひつく/加倉井秋を

湯ざめして恋の焉りにゐるごとし/大石悦子

湯ざめして旅愁に似たる生家かな/保住敬子

湯ざめして晩年是非もなかりけり/長谷川双

湯ざめして蕪村忌の夜の更けにけり/所山花

湯ざめして鏡が水のやうに見ゆ/八牧美喜子

湯ざめして頭の上にありし灯よ/波多野爽波

湯ざめする気配の帯を締めにけり/小坂順子

湯ざめせしこと足先の知つてをり/稲畑汀子

湯ざめとは耳の浮き立つ思ひかな/今瀬剛一

湯ざめの顔薄倖にしてうつくしき/石原舟月

湯に入れば湯ざめをかこつ女かな/高浜虚子

湯冷めして古き歌など思ひ出す/片山由美子

片々たるもの煎餅よ湯冷めせり/中村草田男

狐火を見るべく湯ざめこゝちかな/高森清子

俳句例:81句目~

湯ざめせし背に大いなる月かかる/中村汀女

綺羅星を仰ぎてゐたる湯ざめかな/田中春江

すぐ湯ざめしさうなひとり暮しかな/藤崎久を

粗きこといひて悔いゐる湯冷めかな/森川暁水

木の家のどこか軋める湯ざめかな/加瀬美代子

昔をとこありけり湯ざめしたりけり/細川加賀

湯ざめしてゐる手がつづけ髪手入/波多野爽波

湯ざめして顔の小さくなりにけり/雨宮きぬよ

湯ざめしてしまひしことを引金に/今橋真理子

湯ざめして古き映画を見たりけり/小宮山政子

花あけびうち仰ぎゐて湯ざめかな/宮野小提灯

亡き母に叱られさうな湯ざめかな/八木林之助

不和の灯のしづみて湯ざめ顔ひとつ/石原舟月

モナリザも我も眉なき湯ざめかな/伊澤のりこ

身にふかき鬼に及びし湯ざめかな/佐怒賀正美

なほ生きん闇の湯ざめは締めつくる/香西照雄

ともし火に寄す顔うとき湯ざめかな/飯田蛇笏

パソコンの将棋に負けて湯冷めせり/堀田政弘

湯冷めしてしらけし肌やくつわむし/日野草城

酢にむせしことより湯ざめ覚えけり/大熊輝一

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました