羊を使用した俳句

羊に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

羊を含む俳句例

羊肥ゆ尻辺腹辺の秋蝶に/林翔

犬猫や羊のあゆみ鰒の腸/難会

日に熱す一千枚の羊草/高澤良一

羊群の息かも虹の月寒/石塚友二

緬羊のこゑ短しや冬構/堀口星眠

花野にて耳に緋房は羊の仔/林翔

羊飼ぞろ~しつゝ聖夜劇/森田峠

土煙炎天に立て羊追ふ/下村梅子

一匹の羊と枯葉クリスマス/原裕

一群の羊とほりぬ門涼/田村了咲

群羊に隈なく踏まれ春の泥/日原傳

金星や羊の肉のごつと凍て/日原傳

玲羊は深山の尊者月は神/福田蓼汀

ぬけ石も羊か岡の秋の暮/幸田露伴

若草を食む羊群の首に鈴/坊城中子

やせ地なる下萌求め羊達/坊城中子

喰み移る羊ら汚れ春浅し/荒井正隆

車窓流る羊群の白霧の白/村松紅花

下萌や地平に消ゆる羊飼/和田克己

郭公や野に群羊の円いくつ/原柯城

俳句例:21句目~

驟雨に和す樹下群羊の反芻音/林翔

羊剪毛雪渓指呼に青みたり/下田稔

天道虫牧羊神の忘れもの/諸岡直子

緬羊の後肢艶めく秋の風/杉山岳陽

新涼や雲に遅るる羊の歩/澤田緑生

緬羊の遠くゐるとき秋の風/森田峠

天山に雲摘み散らす羊は花/隈治人

羊刈る銅色の瞳の青年と/四ッ谷龍

冬青草緬羊牧に放ちけり/根岸善雄

羊煮て兵を労ふ霜夜かな/黒柳召波

羊飼ぞろぞろしつゝ聖夜劇/森田峠

羊飼夢を抱きて霞みけり/野村喜舟

朝寒や鞭ふりならす羊飼/寺田寅彦

初茜羊の流れとどまらず/白澤良子

剪毛の羊放てば転びけり/山縣輝夫

柵を出し緬羊に冬青き草/福田蓼汀

剪毛の羊身震ひして立ちぬ/柳澤和子

いわし雲緬羊もつれ声もつれ/西谷孝

水の面の秋風見をり羊飼ひ/中西夕紀

羊寝し地下一坪も風の香に/小池文子

俳句例:41句目~

緬羊も走れば迅し東風の牧/依田秋葭

群羊の一頭として初日受く/澤木欣一

緬羊舎雪の遠嶺に扉を開く/福田蓼汀

人が飲み羊が飲みし泉かな/下村梅子

牛羊に昨日の雪照る大試験/木村蕪城

群羊のまん中暗し秋の風/大峯あきら

羊雲こゝろの犬は斃れたり/攝津幸彦

牛羊の日向に遠く受験待つ/木村蕪城

羊とも牛とも見えて雲の蜂/井上井月

茜して羊のまとふ野の淑気/加藤耕子

草朧仔羊に髯の生え初めし/村越化石

草笛や丘の穂に立ち羊守/左右木韋城

荒荒と熱砂に羊皮乾きけり/小池文子

牧神の午後はまどろむ羊雲/高澤晶子

蠅もゐず屍の羊灼き尽きむ/小池文子

親よりも白き羊や今朝の秋/村上鬼城

受験子ら待つ牛羊の声の中/木村蕪城

賞品の仔羊の啼く草相撲/つじ加代子

吹かれては膨らむ羊草青む/白井爽風

地平線羊ましろく生殖す/富澤赤黄男

俳句例:61句目~

羊群の泉濁して立ち去れり/太田土男

秋晴の羊に遠き牧夫かな/大橋櫻坡子

冬木立羊の群の縫うてゆく/清水駿郎

我子なる羊五百や春の風/石島雉子郎

群羊の立往生やスコール来/東中式子

門前に牛羊あそぶ社日かな/飯田蛇笏

雪空の羊にひくし出羽の國/幸田露伴

朔風や十にも足らぬ羊守る/遠藤梧逸

羊の頭ありナイフあり夜の秋/下田稔

羊の毛刈る日近くて雲ひとつ/北光星

羊の毛剪りたる後の飼葉飼ふ/石昌子

驟雨に急ぐ羊の前肢たよりなし/林翔

門畑に牛羊あそぶ社日かな/飯田蛇笏

毛を刈りし羊沈めり草中に/京極杞陽

緬羊の汚れやすさよ受難節/柴田茫洋

羊守めきて避暑人たゝずめる/森田峠

緬羊は野に充ちてあり昼寝覚/田村了咲

ひと啼きを復習ふ羊や聖夜劇/村山春子

海の日や人が歩める羊朶の山/岡井省二

爽かや素足に羊皮踏みて立つ/小池文子

俳句例:81句目~

丘の上に飼ふ小羊見ゆ芒原/岡本癖三醉

緬羊に早紅葉したる柞かな/岡嶋田比良

羊群去る春水ながれ行くごとく/大串章

毛剪りたる羊放たれおろ~と/志賀青柳

刈られゆく羊の腹の波うてり/正立教子

刈られゆく羊は耳を立て通し/金子篤子

仔羊の三百頭の日向ぼこ/坊城としあつ

千草実に牧羊影を濃くしけり/高井北杜

吹かれてはふくらむ羊草青む/白井爽風

秋風や人と羊のうちまじり/大木あまり

緬羊に高嶺がさむき雲を呼ぶ/大島民郎

暮れいろの羊のふぐり鳥わたる/西谷孝

紅のさす小山羊の耳や草の花/野村喜舟

毛を刈りし羊に犬の少し吠え/江本如山

羊と牛は日暮を下る明きかな/金子兜太

転がして腹に日当る羊刈る/川上百合子

緬羊のちらばり春の丘ならぶ/高濱年尾

落葉松の芽を被きてぞ羊刈る/山本嵯迷

日の階に坐る小人ら羊刈る/磯貝碧蹄館

陽炎をよく噛んでゐる羊かな/山尾玉藻

タイトルとURLをコピーしました