日暮を使用した俳句

日暮に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

日暮を含む俳句例

日暮るゝや空のはてより秋の汐

暖かき枯蓮の色日暮れても/欣一

裏山の日暮が見えて雛祭/斎藤愼爾

蓬生や日暮れておろす凧の音/梅室

木枯や日暮れて白き干大根/中勘助

炭売の小野で日暮るる話かな/洒竹

毯唄に雪少し降り日暮れたり/幹彦

桜餅空際にほひ立つ日暮れ/平井照敏

初猟の佳景日暮れや舟の上/飯田蛇笏

松島や日暮れて松の冷まじき/岸田稚

年礼の思ふ半ばを日暮れたり/九寸児

友の死に日暮るる路と花杏/大井雅人

弟と日暮れを立てば鐘霞む/柴崎七重

唐突に冬の日暮れて犀の尻/高澤良一

回廊のはやき日暮れの棗の実/中田剛

菜種刈る日暮れの空の下り坂/中拓夫

肩落すやうに日暮れて牡丹雪/岡本眸

秋深し日暮れの畑の唐辛子/永井龍男

埃くさき日暮れとなりぬ寒椿/中拓夫

夏星に海も日暮れの音展く/飯田龍太

俳句例:21句目~

秋の空澄たるまゝに日暮れたり/亜洒

盆路の八方けむり日暮れどき/井上雪

白梅や父に未完の日暮あり/櫂未知子

一庵と日暮を頒つ野水仙/つじ加代子

水洟や日暮れて仰ぐ梁柱/千代田葛彦

水くらく菜の花白く日暮れたり/紫暁

傀儡師日暮れて帰る羅生門/藤野古白

春の雪日暮れてくろき蜜柑山/中拓夫

母の客日暮れて帰る秋彼岸/相馬遷子

日暮れては鳩の声まで芦の声/斎藤玄

子等残し来て日暮れたる年賀かな/久女

歩きゐて日暮るるとろろ葵かな/森澄雄

水際に日暮れを掬う紋白蝶/宇多喜代子

寂鮎やどつと日暮るる山の音/草間時彦

満天星の紅葉の上の此日暮る/田村木国

炎天の日暮れてをりし躙口/神尾久美子

爽涼と一枚の田の日暮れどき/金田咲子

畑色の寒雀もう日暮るるぞ/藤原たかを

癌の妻落花も踏まず日暮れぬる/齋藤玄

山国の日暮れ狂へるつばくらめ/中拓夫

俳句例:41句目~

硝子窓拭きて日暮れぬ春支度/則近文子

綿虫の綿の青さの日暮れくる/石田郷子

帆船は雲と日暮れて雪降りぬ/細谷源二

干蒲団叩いて日暮れ早めけり/阿部静雄

年礼や日暮れて来たる酔李白/文屋菱花

舟二つ見えて日暮るる近松忌/関戸靖子

数人に棒高跳の日暮れ来る/林田紀音夫

花蜜柑日暮れいつせいに蜂帰る/中拓夫

斧置けば即ち日暮れ朴の花/神尾久美子

一遍の秋空に遭ふ日暮れかな/平井照敏

苗木植え妻が稚くなる日暮れ/斉藤白砂

葱の花しろき日暮れの道長き/太田鴻村

日暮るると椋鳥の百騒ぐなり/石田郷子

六月の日暮れ樫の木雨を感じ/大井雅人

蜩は日暮るる前を終りけり/土橋たかを

郭公や日暮れて森の道のこる/松村蒼石

冬蝶の居丈をとばず日暮れぬる/齋藤玄

陳情の旅に日暮るゝ走り梅雨/相馬遷子

初鰹都心に出でて日暮れたり/石川桂郎

雪吊のふいに日暮るる水の上/黒田杏子

俳句例:61句目~

又しても火事日暮里や酉の市/増田龍雨

日暮れては何処も地の果て天の川/朱鳥

日暮れては野山相寄る龍田姫/児玉南草

鵜舟から日暮れ広がるやうすかな/一茶

地蔵盆鉦を叩けば日暮れきて/関戸靖子

鶏頭と窯火と競ふ日暮れ刻/鈴木真砂女

黒ぶどう日暮れてからの川奔る/石川元彦

秋鯵に遊行寺通り早日暮れ/長谷川かな女

風呂を焚く螢袋も日暮れたり/猪俣千代子

頽雪かけて日暮るゝ早し打保村/前田普羅

鈴が鳴るいつも日暮れの水の中/中村苑子

負ひ来し黍の音かも日暮れゐつ/中村四峰

ながれゆく水草もあり冬日暮る/中村汀女

網戸入れ波おとなしき日暮かな/花尻万博

裏山の日暮れのいろの風邪心地/白岩三郎

絽の喪服日暮れて紋の梅萎る/殿村莵絲子

田を植うる光を残し日暮れ谷/鷲谷七菜子

日暮れて山のちかづく鵜飼川/鈴木六林男

日暮れは遊べ大きな栗の木の下で/水野麗

日短しと言に出づるに日暮れぬる/岸田稚

俳句例:81句目~

もとほるや遅き日暮るる黒木御所/志城柏

日暮れ飛び燕まぎれるなまこ壁/宮津昭彦

メモ一つ消して師走の一と日暮れ/稲岡長

橋なくて日暮れんとする春の水/與謝蕪村

母の忌の日暮れを飛んで金亀子/斉藤京子

七福神めぐり詣でて日暮れけり/藤松遊子

落葉焚妻よりつぎて日暮れけり/荒井正隆

元日の日暮れ磨かれたるガラス/大井雅人

筍の出かかつてゐる日暮れかな/長峰竹芳

萱刈りのかくて日暮らす山小春/臼田亜浪

冬鵙や寺の日暮れは一段づつ/小島千架子

北風を軽しと思ふ日暮れけり/今井杏太郎

吹き消したやうに日暮るる花野かな/一茶

草の戸や日暮れてくれし菊の酒/松尾芭蕉

晩秋を病み水薬のごとき日暮れ/藤木清子

朝寝して二食に秋の日暮れたり/会津八一

花過ぎの泪色する日暮れあり/北原志満子

梅林のなかを日暮れの水のいろ/角川春樹

花八つ手山を集めて日暮れたり/廣瀬直人

寒の松母子のくらし日暮れけり/中山純子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました