神饌を使用した俳句

神饌に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神饌を含む俳句例

外人の眼に神饌の夏大根/原月舟

七種の薺神饌田に摘む/皆川東水

神饌の一つに加へ蕗の薹/木内彰志

神饌に選られし一尾桜鯛/木内彰志

神饌の若鮎櫃に移しけり/茨木和生

神饌に春大根の一把かな/永井寿子

岩影に神饌の生簀や寒椿/西村旅翠

神饌となす米洗う紅葉川/西島民江

荒川の鯉を神饌とし在祭/大西八洲雄

神饌に吾名を見るや初詣/鈴鹿野風呂

神饌に山鳥/箒/薪と繭/伊藤いと子

神饌のえび芋揚げて芭蕉祭/田島和生

神饌の夜振か天城雨となり/渡辺水巴

神饌の芋も大根も洗ひゐず/茨木和生

神饌の鯛が尾を振る節分会/井山幸子

神饌所にて鯛捌きゐる春祭/茨木和生

海神の御饌の大鱒大漁旗/阿部月山子

夜祭の神饌に荒稲/秩父柚子/森田公司

神饌に産地さまざま今年酒/佐々木久子

神饌田植うるしづけさかこみ立つ/篠原

俳句例:21句目~

遠つ海の幸の鮪を神饌となす/黒田晃世

麓より届く夏越の神饌の鯛/白岩てい子

元朝や朱盃に盛らる御饌の酒/藤井佳子

六夜祭御饌の雌雄の焼き山女/山下智子

半夏雨しばらく御饌となす鯉に/宮澤薫

山女祭山女の肝を御饌として/海野/勲

油日の神の御饌田の田亀かな/岡井省二

潮垂るゝ初和布を御饌の三方に/金森柑子

初伊勢や真珠のいろに神饌の海/伊藤敬子

神饌なべて山川の幸国栖の奏/山田みづえ

神饌の今年の棉を摘みて干す/野津八洲範

神饌の田の荒れ放題や冬の草/伊藤みのる

神饌田守朝餉の萵苣を摘み戻る/朝日澄子

金毘羅の神饌田小屋あと薺萌ゆ/水田千風

雁爪をつけて神饌田に集まれり/茨木和生

初霜や素焼の土器に御饌の塩/玉貫甲子郎

句碑除幕御饌の長芋素直かな/阿波野青畝

句碑除幕御饌の長芋素直かな/阿波野青畝

奥伊勢の御饌田短き稲架を組む/岡村紀洋

むかご飯土鍋に炊いて神饌田守/佐藤うた子

俳句例:41句目~

南風吹けば神饌に洩れたる水母浮く/田中水桜

禰宜来ては神饌田の鳴子鳴らしけり/石山佇牛

タイトルとURLをコピーしました