猫(一般)を使用した俳句

猫(一般)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

猫(一般)を含む俳句例

藤の根に猫蛇相摶つ妖々と

猫実や皆雪とがる細舳/林翔

猫の目や氷の下に狂ふ/一茶

麦秋や蛇と戦ふ寺の猫/鬼城

猫寒く雨の浦安波こまか/原裕

飯櫃にまたのる猫や秋隣/龍雨

春雨や障子を破る猫の顔/十丈

青草猫がやせている/橋本夢道

売家や猫も杓子も虫の声/支考

猫の妻かの生節を取畢/炭太祇

契おく燕と遊ばん庭の猫/園女

真夏蛇猫烏眼が腥い/岡あきら

物思ふ膝の上で寝る猫/山頭火

鰒好む家や猫迄ふくと汁/几董

和布村盗つて猫渚跳び/岸田稚

猫汁や浪の青玉ゆく蛍/調川子

猫逃げて梅動りけり朧月/言水

陽炎に何やら猫の寝言哉/一茶

垣添や猫の寝る程草青む/一茶

人日を猫の足跡大股に/伊藤梢

俳句例:21句目~

猫逃て梅動けりおぼろ月/言水

不性猫きゝ耳立て又眠る/一茶

ふぐ汁や鍋のかたぶく古畳/猫帳

紙漉の梅の日向は猫歩く/森澄雄

新月の椿樹に甘ゆ孕猫/宮武寒々

青芒より現れぬ猫の顔/平井照敏

枯芝に白猫飛ぶや黙読す/中拓夫

節分の闇濃く猫の戻り来し/原裕

露霜の籬に猫の捨てられし/小波

虹の下猫の死骸と滑走路/三谷昭

雷門脇の日向の師走猫/高澤良一

物干の洗濯やめん妻問ふ猫/西調

古猫の相伴にあふ卯杖かな/許六

蘭は実に秋光猫の薄目にも/麦南

我輩は猫梧桐の影にあり/堀政尋

窓の月恋する猫の影ぼうし/石友

雪の日や現にうごく猫の耳/存義

干布団即ち猫の媼の座/高澤良一

秋風に別々動く猫の耳/福田蓼汀

秋の日猫渡り居る谷の橋/原石鼎

俳句例:41句目~

牡丹の紅の強情猫そよぐ/斎藤玄

水を飲む猫胴長に花曇/石田波郷

天水に息つぐ猫の恋心/水田正秀

朧夜の農学校を猫歩く/太田土男

白猫は汚れ泰山木の花/依光陽子

釜の神猫やかぐらの笛の役/言水

両方に髭があるなり猫の妻/来山

孕猫来て青闇のこゑを出す/原裕

猫の下一枚二枚油照/郡山やゑ子

草叢の猫も顔あげ薪能/星野一夫

喰ひてけり猫一口にあめの/信徳

春鴉紫に猫薔薇色に/相生垣瓜人

かくれ里猫の鳴音や五月闇/洞雨

寒の猫短く鳴きて争へり/岡本眸

板の間の猫の爪あと鏡餅/中拓夫

寒月や猫の夜会の港町/大屋達治

流木に捨猫遊ぶ彼岸潮/田村鬼現

猫拾ひ来て長子立つ露時雨/原裕

傾城の生れかはりか猫の妻/木導

艀から艀に猫が跳ぶ五月/旭昭平

俳句例:61句目~

臘八の香煙くぐり烏猫/渡辺鳴水

凩の明家を猫のより処/正岡子規

揚舟に汝も夜涼み猫の貌/下田稔

夕立や猫の尾をふむ簀子縁/小春

極月の大屑籠に猫眠る/柿本多映

蝉銜へ枯山水を猫通る/関森勝夫

飯びつに又乗る猫や秋隣/増田龍雨

冬ざれや十一匹の猫の床/平井照敏

顔舐めて横浜の猫夏祓/大木あまり

青栗や猫は尻尾で考へる/中村明子

露霜の籬に猫の捨られし/巌谷小波

朝桜足萎え猫に鳴かれいし/三谷昭

冬帝に黒靴下の猫火照る/攝津幸彦

雷や猫かへり来る草の宿/村上鬼城

帰来て灰にもいねず猫の妻/炭太祇

いわし雲城の石垣猫下り来/森澄雄

いわし雲猫の尻尾は導火線/皆吉司

年つまる人の口から猫の声/斎藤玄

朧なり猫がもどりて蜜柑箱/中田剛

長生きの猫の目蓋雪催/宇多喜代子

俳句例:81句目~

年用意漱石の猫追ひ出され/脇祥一

広縁や秋日に透ける猫の耳/上村占

庭先を猫歩み居り秋隣る/内田百間

木枯や更け行く夜半の猫の耳/北枝

野ら猫に餌やる夫婦花蜜柑/森啓子

初汐や猫歩みなく草月夜/渡辺未灰

野の寺の夏草深み隠れ猫/子規句集

初雪も降りぬに猫の恋心/中村史邦

かくれ家や猫にすゑる二日灸/一茶

連れて来て飯を喰する女猫哉/一茶

転生の猫が見上げる夕桜/佐藤和夫

恋すてふ浮名もたゝじ船の猫/久宝

林間学校吾輩ハ猫デアル/如月真菜

赤猫のうるさくなりぬ春の暮/山店

十匹の猫も座を占め大旦/佐藤和夫

猫埋む杉山は春竹は秋/大木あまり

蟷螂の枯色猫が咥へ来し/横山房子

悪相の猫が居座る立葵/秋武つよし

愛あまる猫は傾ー婦の媚ヲ仮/才麿

厨窓躍り出る猫や椿照る/清原枴童

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました