万を使用した俳句

万に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

万を含む俳句例

万木皆姥桜なり帰り花/工云

球場に万の空席初燕/今井聖

万緑の天地有情や杣男/原裕

暁を万戸に伝ふ薺かな/几董

志貫く万の松の芯/高橋悦男

家書万金に抵るなり凧/龍岡晋

万灯のゆらぐ結界宵弘法/林香

霜の声万の陶俑瞑らず/松本久

甕の濡れ一条黒し万緑下/静塔

万緑や瀬音のふかき峠道/林宏

万緑や泳ぐすがたの病臥身/稚

万緑や木の根の湿り蹠に/原裕

俄なり四万六千日の雨/青山丈

恙無く四万六千日迎ふ/陳恵珍

万緑の宇陀郡ぬけて吉野郡/暮石

寂として万緑の中紙は食ふ/楸邨

万噸の錨鎖に憩ふ都鳥/道川虹洋

冬菫咲く万貫の巌を割り/藤井亘

葉桜の万の囁き夜の椅子/森大暁

花の雨三十万の墓洗ふ/影島智子

俳句例:21句目~

枯葎万の星浴び入坑す/浅川方銭

潮照るや万の莟を崖椿/細川加賀

万日の袋か雪の家見舞/水田正秀

万緑の奥のつめたき水の音/蕗村

万緑の葉先葉先の雨雫/池田澄子

万灯の提灯持はご住職/高澤良一

万緑の分水嶺に人灯す/加藤耕子

種蒔や万古ゆるがず榛名山/鬼城

万灯籠明日を春の底冷す/森澄雄

億万の仏の露の高野山/皿井旭川

大空に万燈の燭花辛夷/佐藤千兵

万灯会果て一山の虫の闇/佐藤藍

億万の春塵となり大仏/長谷川櫂

春かけて旅の万やとし忘れ/惟然

外套の肩が擦れあふ万灯会/林徹

唐梅は万木の中の万戸かな/重頼

酒五合豆腐万丁黒川能/棚山波朗

お万灯心に点る戻り道/高澤良一

金田の静寂万の呼吸音/塩川雄三

万緑や採石山は万の傷/和泉伸好

俳句例:41句目~

億万の民に母あり薺粥/森田智子

露の中万相うごく子の寝息/楸邨

青年に万緑の塵見えず飛ぶ/原裕

万緑や力をこめて鐘をつく/非文

巌万古御滝万古神杉に/河野静雲

江南の万緑釦一つ外す/川崎展宏

方舟で万緑の梢漂わん/中島斌雄

万緑や焔出たがる外竃/後藤房枝

万緑の吉野両断吉野川/右城暮石

万燈は頂の花地に崩す/古舘曹人

万緑に大吊橋の軋む音/山下美典

万緑に磐を配す立石寺/高澤良一

刺青の漢ゆ四万六千日/角川春樹

万緑や野麦峠の工女塚/巾下幸一

万緑の一幹馬首のごと叩く/狩行

万緑の中さやさやと楓あり/青邨

万緑の中に胎動日々強く/合原泉

万緑の中の一山杉の鉾/野澤節子

万緑の中の一点美術館/橋本榮治

万緑や不空羂索観世音/長谷川櫂

俳句例:61句目~

万緑や一舟湖へ網捌く/仁科文男

万緑や旅嚢小さき翁像/松橋幸子

大粒の四万六千日の雨/山口耕堂

山巡る四万六千日行者/真鍋蕗径

一種火万灯籠の百灯す/磯野充伯

梧桐に四万六千日の雨/兼藤/光

軍艦に四万六千日の波/高澤良一

逃したる四万六千日詣/松田美子

邂逅や四万六千日通り/橋本花風

鐘ひゞく四万六千日の風/星野椿

風鈴に四万六千日の風/多田裕計

四万十の春料峭と川堤/田村丘子

万蕾のことごとく露菊畑/岡本眸

矛先を天に万蕾花菖蒲/近藤峻雪

辛夷咲き万蕾いまだ空の塵/林翔

経蔵に万巻眠る今年竹/有馬籌子

万緑や産声を待つ控室/浅見まき子

万灯の届かぬ闇に鹿眠る/山根邦子

花堤万の莚を敷き詰めて/高澤良一

万灯の短くゆけり岬の闇/鈴木ミサ

俳句例:81句目~

万緑や幹の片側波はしり/近藤一鴻

林檎万顆穂高も槍も低く輝る/斌雄

八万の毛穴に滝の風涼し/正岡子規

林檎豊作客間増築万元戸/三浦妃代

万燈や言葉の端の姦しく/古舘曹人

万緑や仏間施錠す飛騨民家/津田渡

万灯を見たる便りや花茗荷/飴山實

千客の万来の松飾りけり/村山葵郷

千悔万悔憎き酒を熱燗に/川崎展宏

千羽鶴万羽吊られて春隣/高橋悦男

万緑の法の高野に献木す/大橋敦子

友二先生夫妻に万の山の蝉/岸田稚

四万六千日夕映に柱あり/藺草慶子

万緑の深さに少年暴走す/吉田裕子

蝉の音の万貫の石負ひにけり/楸邨

万緑の雫身に受く西生寺/浦井文江

落椿万幹の竹まつさをに/橋本鶏二

竹林の裾に闇湧き万燈会/阪本謙二

万緑の中残雪の主峰峙つ/伊東宏晃

長江の千紫万紅春夕焼/松崎鉄之介

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました