厨を使用した俳句

厨に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

厨を含む俳句例

春雷や暗き厨の桜鯛/秋櫻子

霧深く立木の径の厨窓/原裕

萍の水栽培を厨にて/高澤良一

犬が来て覗く厨の春の暮/誓子

海は秋燈台を出る厨水/飴山實

新しき俎母の日の厨/羽吹利夫

水瓶に柳散込む厨かな/泉鏡花

人日の厨に暗く独言/巌谷小波

純白の布巾揃へて初厨/芝由紀

炉話に時々応へ厨妻/森本古声

我宿の春又やとや厨の内/達布

水にこゑかけ元日の厨妻/原裕

初夏の厨涼しき蕗の風/中勘助

初鶏や漸く静なる厨/浅井歌村

母の挿す柊低し厨口/岩崎恵一

厨こそ女の砦嫁が君/谷知赫童

厨にて母聞く父の祭笛/林昌華

年送る幾年同じ厨事/松山和子

雁や男もすなる厨事/清水基吉

松飾焚きし煙が厨口/大石悦子

俳句例:21句目~

貧厨の大根膾十三夜/田中冬二

蜩や七輪赤く厨には/尾崎迷堂

葱匂ふ厨へ墨の水とりに/羽公

笹鳴や厨ごとこそ大切に/及川貞

夏霞山にせまりて厨窓/坂口栞女

浄闇の厨の音や嫁が君/池松昌子

蜩や暗しと思ふ厨ごと/中村汀女

乾鮭の切口赤き厨かな/正岡子規

春浅し厨片身の鮭さげて/及川貞

春寒の厨に鳴りし電子音/森武子

秋草を厨厠に頒ち活け/高澤良一

白菜の切口甘き厨かな/河合甲南

啓蟄や光り流るる厨水/内藤吐天

なづな打つ厨は母の俤堂/林昌華

鳥雲に箸すててある厨口/中田剛

客に来て厨手伝ふ夕蛙/永井龍男

凩の時間を炒め厨人/田川飛旅子

凩や厨の棚に柚子一つ/松村蒼石

妻の座は厨に近し冬の月/飴山實

鮟鱇に右往左往の厨妻/阿部底下

俳句例:41句目~

老厨夫夏葱さげて帰船かな/図羅

宿坊の厨に届く凍豆腐/細川螢火

南国忌厨に匂ふ薩摩汁/土田澪子

庖丁も厨もゆだね桜鯛/中村汀女

梧桐の簾代はりや厨窓/工藤順子

青蓼の厨も見えて麻暖簾/泉鏡花

寺涼し松かく音厨より/河野静雲

町なかは藪も厨も雪解水/飴山實

厨なる蕨の上に金指環/前田普羅

置所変る厨の生姜かな/高濱虚子

小鰺焼く妻や厨の片襷/巌谷小波

厨にも味見の客や年忘/坊城中子

厨にも曲り角あり冷蔵庫/宮脇満

厨窓町少し見え寒の雨/吉屋信子

雨十日蛞蝓多き厨かな/滝川愚仏

から鮭の切口赤き厨哉/正岡子規

旅終る厨に葱を乾ばせて/樋笠文

厨のいとま柊さすべし/喜谷六花

蹇が厨を鳴むす寒の内/小林康治

貧厨や川蟹乾く籠の中/木下夕爾

俳句例:61句目~

大寒の厨に歌ふ数へ唄/栗原菊枝

早蕨や蔵王の見える厨窓/星野椿

負ひ真綿して大厨司る/高野素十

衣被一人に馴れし夕厨/浅野賀子

蝶々に厨の窓の掃除かな/原月舟

盗人の厨に入るや夷講/寺田寅彦

蕗を煮る厨の窓に瀧頭/斉藤夏風

新生姜十三娘の厨事/渡辺ふみ夫

法師蝉厨は急ぐ夕支度/吉屋信子

貧厨の光を生ず鱸かな/正岡子規

田ざくらや片眼棲む厨川/巌谷小波

昆布の香厨に残る初昔/秋川ハルミ

パン種の匂へる厨朝の鵙/山田弘子

田が始り厨に裸足朝の妻/大熊輝一

ラブレエに厨三尺夏木立/小池文子

七夕や窓あをあをと閨厨/古舘曹人

物の香の立つや厨の夏隣/巌谷小波

父老いぬ厨の隅の蝮酒/下山田禮子

焼茄子の直火強めて盆厨/高澤良一

日脚のぶ厨片づけ刻あまり/及川貞

俳句例:81句目~

炭へりし俵かたむき厨口/榊原史郎

妻の座の盤石にして初厨/岩田秀夫

新涼や井水をみたす厨桶/石川桂郎

滴りの雌雄の響や夜の厨/西山泊雲

妻癒えず寒の厨の音沈む/小林康治

清流を厨に曳けり盆仕度/伊藤京子

浅漬や厨に月の影しろし/勝田千以

俎板に水走らせて初厨/萩原三重子

冬されの厨に赤き蕪かな/正岡子規

冬ざれの厨に赤き蕪かな/正岡子規

書斎派と厨派のをり油虫/鈴木鷹夫

茎の石厨終生母のもの/古賀まり子

若水の玉なし奔る厨かな/吉川与音

花冷や行厨すみて酒到る/亀井糸游

罵りし声のするどき寒厨/石原舟月

厨灯が晩學の灯三葉芹/石田あき子

鳥雲に仕へて使ふ厨井戸/岡井省二

鰊燃ゆ平凡な日の夕厨/田川飛旅子

かいまみし人の厨や花葵/中村汀女

初松厨に人のたかりけり/籾山柑子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました