膝を使用した俳句

膝に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

膝を含む俳句例

万歳や鼓を膝に夕渡/萍雨

膝の児の指始梅の花/一茶

膝枕哉物の音の喜春楽/言水

元日の畳恋しや肘と膝/敏雄

頂に春の岩群膝吹かる/原裕

積塔や古風伝へし膝と膝/嘯山

膝立てて修羅の眦飾武者/林翔

青苔や膝の上まで春の虹/一茶

面目は仏義母兄膝行す/仁平勝

春愁や膝の間の苜蓿/内藤吐天

糸瓜忌や膝を正して皆仏/春蓉

川狩や地蔵の膝の小脇差/一茶

夏帽子膝に抱きて電車人/篠原

松風や膝に浪よる網代守/闌更

老僧の膝ぶし細し榾の影/蝶夢

西日さす桜の影や膝の上/成美

物思ふ膝の上で寝る猫/山頭火

秋浜の沙を膝に弄ぶ/山口誓子

酒のみの膝昼過ぎぬ更衣/暁台

簟屈託の膝噛みにけり/大石悦子

俳句例:21句目~

立膝の西行よけれ山桜/茨木和生

黄落や仏の膝に深き影/関森勝夫

楮晒す膝の前雪の川流る/堀喬人

膝掛と天眼鏡と広辞苑/京極杞陽

大仏の膝に香炉に寒雀/河野静雲

風神の膝に力の雪明り/古館曹人

片栗の花に膝付く東人/太田土男

是ほどの三味線暑し膝の上/来山

宝引や膝出だしたる女の子/紫菊

山寺の蝿清潔や膝にきて/藤崎実

児を膝に海女梳る磯竃/渡辺畦月

家包の葛餅膝に池上線/高澤良一

晩涼や彫師の膝の草箒/和泉昭子

襟巻の狐をミサの膝の上/長田等

歌膝の西行像に春惜しむ/牧辰夫

古机新涼の膝そろへけり/下田稔

暖かや半日立たぬ膝袋/野村喜舟

三日月や膝へ影さす舟の中/太祇

冬鳥と膝折るレダと荒褥/渋谷道

閻王の広き肩巾膝の巾/小畑一天

俳句例:41句目~

我を入ると膝あひゆづる年忘/元

開きたる聖書を膝に朝桜/西山睦

三猿の膝に溜りし夕霰/長谷英夫

草枕我膝にくる蜻蛉哉/正岡子規

更衣晩年へ向く膝正す/藤島かの

野送りや膝がくつきて朧月/史邦

月代や膝に手を置く宵の宿/芭蕉

貰はるる猫膝の上大花火/石寒太

短日の笊しかと編む膝の上/裸馬

木喰に膝詰めてゐる秋隣/下田稔

船窓に頬つけ膝に夏帽子/辻桃子

母の膝娘の膝や粽結ふ/高野素十

なき父の膝もとうれし魂祭/樗良

膝ついて母へ仏飯遠蛙/西山常好

はや膝に酒こぼしけり更衣/園女

投扇の扇かさねし膝の前/下村福

隠元を膝に娘や滝の前/川端茅舎

夏帽を膝に遊ばせ空の旅/杉本寛

病床の膝揃へけり初硯/石田波郷

病床に膝揃へけり初硯/石田波郷

俳句例:61句目~

羅の膝に手を置き鬼貫忌/森澄雄

獨身の膝を抱て月見哉/寺田寅彦

今年藁括るに膝の力足し/田中忠子

木歩忌の昼の河原の牛膝/攝津幸彦

秋の川膝の高さの五輪塔/阿保恭子

末席に膝正しおり報恩講/鈴木世記

末枯や舞踏は膝に顎うづめ/中田剛

貧無惨花冷の膝固めても/小林康治

あらためた手は膝に在り更衣/可重

福藁に歌膝組むや梅が下/尾崎紅葉

観瀑の僧膝抱ける巌の上/河野静雲

先生の膝にこぼれ日紅の花/岸田稚

山桜旅信を書くに膝の上/峯実理幸

福笹と日経新聞膝にあり/松本欣子

行秋や膝から暮れる屋台酒/窪田穣

行秋や机離るる膝がしら/小沢碧童

行く年や猫うづくまる膝の上/漱石

蜩や指で字をかく膝の上/近藤一鴻

冷かに燭蛾とまりぬ膝の上/淡路女

菜は満開膝高上げて歩む子に/林翔

俳句例:81句目~

冷奴不遇を喞つ膝組んで/小林康治

草虱つきたる膝を観音に/大石悦子

桃活けて翁と媼手を膝に/川崎展宏

芝青し曾ては膝に哲学書/下山芳子

桔梗の影が小さく膝の上/岸本尚毅

芋団子汗の童べ膝に肩に/細谷源二

短きは膝の高さの月見草/京極杞陽

膝見せてつくばふ鹿に紅葉哉/半残

初秋の膝叩きたる噺かな/正岡子規

初紅葉典座の膝を正したる/石嶌岳

弥勒より寒念仏の膝正し/永井一朗

梅雨寒や机の下の膝法帥/西島麦南

弾初や膝を真近に三の糸/和泉弘子

用もなく群馬に来り牛膝/永島靖子

御仏の膝に翅閉ず天道虫/森本幸代

着水と思い夏野に膝を折る/渋谷道

梨剥くと皮垂れ届く妻の膝/飛旅子

膝揃へたる前山の薄紅葉/川崎展宏

膝掛や眠り上手が旅上手/山田弘子

膝掛は真紅花見の人力車/村上美枝

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました