駅を使用した俳句

駅に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

駅を含む俳句例

登山駅欅林へ雲聚め/河野南畦

甕に影射す月彦夭き水駅/林桂

夕立や馬駻然と駅人/会津八一

雪渓を戴き屋根の尖る駅/林翔

駅路の俤のこり古簾/西山泊雲

立山の八千尺の花野駅/牧杏子

蝶々ヤ駅々ノ子守歌/正岡子規

曙や屋上の駅永遠に/攝津幸彦

夏終る高原駅の時刻表/鈴木冽

菰巻の桜花束吉野駅/茨木和生

臨時駅真正面の夏怒涛/松永和子

旅人や鞍に梅さす初駅/安井小洒

啓蟄や五十米地下に駅/柳澤二重

霧の駅冷凍のひきずられ/中拓夫

山麓駅造花紅葉も酣に/高澤良一

峡中の大月駅の花の冷/皆川盤水

吹越や一灯点る山の駅/山田節子

桜咲く駅に喪の人婚の人/林照江

夏葎寒風山の見える駅/高澤良一

雪国の駅は洞窟目が並び/三谷昭

俳句例:21句目~

雪催ふ釧路の駅は臭し/八代洋子

燕飛ぶ一筋町の駅かな/正岡子規

芹焼や両国駅の古時計/皆川盤水

鈴蟲や止りし駅の薄月夜/瀧春一

金の芒頂上駅に降り立ちぬ/原裕

忘れ物扇一本と停車場/正岡子規

週刊誌手に初冬の海の駅/原田喬

空風や練馬の駅の大泉/石塚友二

時鳥なくや近江の水駅/松瀬青々

角巻や駅の端から日本海/杉良介

草青む未来駅行き縄電車/寺内佶

しぐるゝや駅に西口東口/安住敦

芋嵐駅に新郎新婦かな/本宮哲郎

駅裏や霙に灯る小提灯/大坪秀生

駅柵の干大根も翳りたり/貞弘衛

一日に二本の駅や鶏頭花/中島宏

望郷のオカリナ駅に年の暮/沢聰

蒟蒻玉と満月の駅にゐる/原田喬

秋桜一叢濃くて山の駅/永島和子

雨男ゐて茸狩の山の駅/鈴木鷹夫

俳句例:41句目~

短夜や駅路の鈴の耳につく/芭蕉

髪赤き若者寝落つ月の駅/石寒太

駅近き会場と決め年忘/稲畑汀子

菊芋の花が満開山の駅/青柳照葉

清明や翠微に岐る駅路/松瀬青々

駅よりの道二岐の初薬師/寺岡呵童

駅の鏡明るし冬の旅うつす/桂信子

花人の落合ふ駅や中書島/高浜虚子

成田駅より御開帳一色に/高木晴子

翁忌の駅に小さく傘畳む/加藤耕子

駅の灯が映る水田の人往来/桂信子

駅の名の変りてゐたる山桜/日原傳

駅たのし山を廻らせ花氷/松裏薙世

口を漱ぎて新緑の駅にまた/中田剛

古川のいぶせき駅や夏燕/青木重行

古戦場訪ふ冬鵙の猛る駅/岡田游子

繭の香や乗換急ぐ北の駅/菅沼彦二

駅からの一本道が恵方道/塩川雄三

終着の駅閑散と寒の入/谷村喜美子

名月や雲間の駅の飯田橋/綾部仁喜

俳句例:61句目~

風船の持主はゐず夜の駅/山崎好裕

新地駅浪速踊りの案内板/辻田克巳

浜の砂とぶ駅にゐて春隣/友岡子郷

ひぐらしの駅に駅夫の靴の音/昭彦

ひとり立つ眼鏡の駅夫遅桜/原田喬

ひと駅の列車通学稲の秋/橋本風車

鞦韆や舞子の駅の汽車発ちぬ/誓子

旅鞄駅に預けて墓参かな/阿部一甫

噴水のある駅鷹の海撓ふ/宮武寒々

夏の暮駅の水栓飲み勤む/山口誓子

歓送や颱風に明くる駅の前/瀧春一

日本一高き駅なり松飾/橋本美代子

霜の鳩歩ませ宮古駅閑散/佐藤鬼房

早稲の香や土浦駅の鰻飯/皆川盤水

夏草や駅の木立に捨て車/飯田蛇笏

早苗田の風も旅人道の駅/青木千秋

立春の大き月あげ田端駅/館岡沙緻

山眠る駅に一人の改札員/八巻絹子

夏薊海抜千メートルの駅/宮内容子

電線の活線這はす水禍駅/右城暮石

俳句例:81句目~

歳晩の人を呑吐し駅巨口/久米正雄

枕木の駅に到りて残る雪/下村槐太

駅裏もまた賑ひや鳥総松/大津希水

春の雪駅に別れの京言葉/中坪達哉

雪山や駅には駅の煙立ち/京極杞陽

停車場に遠き宿りや枯柳/松藤夏山

山頂に駅その先に鱗ぐも/市川友苑

山頂は夏雲の中駅を出づ/平賀淑子

枯桑や駅と駅との間の村/村山古郷

茶の花や秩父颪の駅に下車/星野椿

春愁や駅の坩堝を笛流れ/松山足羽

駅裏の螢を連れて夫帰る/石川文子

山駅の晴雪踏みて転轍手/西島麦南

山駅や初売るものの籠蕨/林原耒井

再会の言葉探して駅うらら/湯川雅

大凧を駅天井に切符買う/対馬康子

連翹澄明老婆三人弥勒駅/夏石番矢

車折と駅の名読めて北時雨/澁谷道

御降に楽隊どこへ停車場/会津八一

時鳥河止め触れる夜の駅/西山泊雲

タイトルとURLをコピーしました