原子爆弾を使用した俳句

原子爆弾に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

原子爆弾を含む俳句例

教堂に純白の壁原爆忌/飴山實

春月に原爆欠除部分透く/原裕

実印の印影鮮明原爆忌/平島尚典

垂直に立ち露乾く原爆碑/西谷孝

一房のぶだう浸せり原爆忌/原裕

禿頭映り真夏の原爆図/和知喜八

原爆忌舌に残れる粉薬/大橋敦子

思へ人、原爆炸裂一秒前/有働亨

木の中をのぼる水音原爆忌/益田清

暫くは合掌解かず原爆忌/大畑守道

人も蟻も雀も犬も原爆忌/藤松遊子

秒針の音なく進む原爆忌/赤尾恵以

絵灯籠並ぶ原爆絵図の下/石川纓子

原爆忌息吼止て撮るX線/小西彌生

従軍の子規の鞄や原爆忌/武内敦子

左の手が真熱発す原爆忌/赤尾兜子

仏飯と水供へたり原爆忌/漆谷豊信

原爆症診て疲れ濃き秋の暮/ひろし

子を抱いて川に泳ぐや原爆忌/林徹

地球儀にたまる埃や原爆忌/天谷敦

俳句例:21句目~

原爆の大寒の地の首ねつこ/松澤昭

吊革に千手きらめき原爆忌/赤松子

厨の手休めて祈る原爆忌/小谷久子

原爆の日の太陽の下歩く/林十九楼

原爆地三寒とどめたる四温/松澤昭

原爆忌の空を草田男翔るなり/林翔

原爆忌雲の墓標へ鳩放つ/木田千女

原爆忌語部語り尽せざる/原田輝子

原爆忌色鉛筆をどう使ふ/松澤雅世

原爆の日の蟹の穴無数なり/石寒太

墨の絵となりゆく松や原爆忌/原裕

水槽に鯛の目玉の原爆忌/森田智子

折鶴が集団縊死の原爆碑/江里昭彦

春日鶴嘴重き原爆未亡人/藤田湘子

母と子と木陰へ急ぐ原爆忌/野田誠

原爆忌墓地炎熱の袋の中/橋本夢道

黒蝶の塊を擦る原爆忌/殿村莵絲子

原爆の灰の中にも蝶がいる/三谷昭

釜に水一杓差して原爆忌/小沼宗心

軒下に吊るす薬草原爆忌/直田豊人

俳句例:41句目~

鼻梁汗かく原爆祭うつろなり/原裕

原爆忌今宵の星の数仰ぐ/長野深郷

原爆忌土埃あげ駝鳥駈く/熊谷愛子

聴診器胸に祈れり原爆忌/水原春郎

八月の月光部屋に原爆忌/大井雅人

満々と今日の河あり原爆忌/板津尭

原爆忌命日同じ墓ばかり/齋藤朗笛

海底に船骸のこり原爆忌/福永志洋

原爆忌腕鈴なりの電車過ぐ/隈治人

遠くより風の近づく原爆忌/今村尚敏

鐘楼に飛天舞ひゐる原爆忌/藤島咲子

蟻の列忙し原爆ドーム老ゆ/吉松伸明

雀しきりに砂を浴び原爆忌/鷹羽狩行

青垣山したたる国の原爆忌/三嶋隆英

原爆忌左が利き手署名せり/小西幸一

不揃ひの噴水原爆忌の広場/河野南畦

両の手に拳二つや原爆忌/山崎ひさを

七夕竹弔旗のごとし原爆地/沢木欣一

青年は登山具鎧ひ原爆忌/百合山羽公

顔洗う手に目玉あり原爆忌/五島高資

俳句例:61句目~

八月灼け六日九日原爆落つ/山崎秋穂

首を出す蓑虫に原爆忌の鐘/鈴木鷹夫

原爆忌子供が肌を摶ち合ふ音/岸田稚

原爆に残りし町に軒風鈴/松崎鉄之介

雀来て原爆の日の水たまり/山本雅子

鯉跳ねて大河動けり原爆忌/鈴木信行

風船や原爆の碑は洞ににて/青木重行

風鈴の闇に原爆ドーム浮く/山本満義

千羽鶴万羽だき合ふ原爆忌/中林利作

乳を知る赤子の舌や原爆忌/脇本星浪

その朝の猫に牛乳原爆忌/鳥居おさむ

原爆の日の拡声器沖へ向く/西東三鬼

原爆の日の沢瀉に雨すこし/城取信平

原爆の日の洗面に顔浸けて/平畑静塔

どの蟻も同じ貌して原爆忌/河野南畦

黙祷の身の影ちぢむ原爆忌/石垣宏子

原爆の日やコロッケの俵形/宮島晴子

原爆忌の睡り誘ふ夜風欲し/楠本憲吉

原爆の日や濯ぎ水地に返す/穂苅きみ

原爆の日や白茶けし雀ゐて/森田公司

俳句例:81句目~

原爆の日や蝉の穴数へては/藺草慶子

原爆の海に月夜の海月かな/角川春樹

原爆の無数の蝶が降りてくる/三谷昭

原爆の街停電の林檎つかむ/金子兜太

ミサの鐘海へ響かす原爆忌/安野良子

一杯の水が重たい原爆忌/浜田今日子

一閃が歴史となりし原爆忌/高橋克郎

折り鶴に込めし鎮魂原爆忌/本田幸吉

一閃を永久につたへて原爆忌/蔦三郎

原爆ドーム柳の岸へ影倒る/中西舗土

原爆忌市電無数の手を吊りて/今井勲

原爆忌東京ところどころ雨/秋山未踏

原爆忌橋の手摺の熱きかな/西森定子

原爆忌海一滴もそこなはず/宮坂静生

原爆忌生きて自愛の卵割る/中村孝一

原爆忌瞑目ことに絢爛と/赤松ケイ子

原爆忌即丸山定夫忌なり修す/安住敦

原爆忌私の形に乾くシヤツ/早川翠楓

原爆忌空に一本高き樫/長谷川かな女

原爆忌籠の卵の割れてをり/川崎陽子

タイトルとURLをコピーしました