部屋を使用した俳句

部屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

部屋を含む俳句例

初雪に鷹部屋のぞく朝朗/史邦

段々に部屋暖く狸汁/高木晴子

綿貫や酒にかへ行小者部屋/調古

拭ひをへなほ春陰の残る部屋/紬

粥柱神と仏の並ぶ部屋/若井新一

鶯や竹の柱の離れ部屋/正岡子規

浴衣着て四角白壁部屋ごもり/林翔

牛部屋の闇から出たり蟇/正岡子規

餅つきや火をかいて行男部屋/岱水

初午や物音ひびく部屋の壁/桂信子

初鴬障子明るき轆轤部屋/木村盛康

蝿がゐて線香匂ふ部屋に通る/槐太

大邸夕顔のある女中部屋/松藤夏山

牛部屋の入口狹し葉鷄頭/正岡子規

輪飾に暗く静かや農具部屋/癖三酔

冬籠る部屋や盥の浮寐鳥/子規句集

此部屋も坊主小し寒の内/正岡子規

川風も風鈴の音も通る部屋/町春草

新涼や能面並ぶ暗き部屋/井上恵子

一泊の部屋を点して花疲れ/一枝伸

俳句例:21句目~

嵐山見えゐる部屋の雛納/塩見道子

小春日の心遊びて部屋にあり/虚子

釣人は別の部屋とる祭宿/平松三平

大空の一角にして白き部屋よ/篠原

立秋の鏡の中の次の部屋/辻田克巳

旧盆の部屋真ン中に寝たりけり/旭

雪晴の部屋に椿の油絵よ/京極杞陽

鼻息や朝飯まつ間の江湖部屋/許六

筆擱いて又部屋歩く冬籠/野村泊月

春雪や兄妹部屋を異にして/安住敦

終焉の部屋公開す熊楠忌/中田豊子

部屋うちの調度の写り金玉/田口圭

鶏頭や小使部屋の狭き庭/寺田寅彦

十人に十の扇の動く部屋/稲畑汀子

八月の月光部屋に原爆忌/大井雅人

鏡餅置いて正方形の部屋/黛まどか

牛部屋に蚊の声闇き残暑かな/芭蕉

柩めく部屋に薄寝や亥中月/柴田由乃

笹鳴や小壜の多き女の部屋/志摩知子

部屋住みの犬が眺むる蘆刈火/中拓夫

俳句例:41句目~

秋風や海の匂ひの母の部屋/田島蔦子

牛部屋や冬の入日の壁の穴/正岡子規

牛部屋の裏に母臥す落葉期/宮坂静生

牛部屋の薄花桜さきにけり/正岡子規

牛部屋の破れをのぞく蛙哉/正岡子規

部屋一つ使ひ余して豆の花/松本文子

灯さず最後の部屋の秋の暮/福田蓼汀

寺田屋の龍馬の部屋も畳替/太田/暁

尺蠖の歩く蚕部屋の竿秤/皆川美恵子

水仙や大き湯宿の端の部屋/永島靖子

わが部屋は四階地には夏祭/斉藤夏風

秋雲の白き見つづけ部屋くらし/篠原

山吹の垣根囲ひに隠居部屋/宮崎昌子

真昼時弁当部屋のあつさ哉/正岡子規

盆僧とお付きの僧と違ふ部屋/星野椿

この部屋に蛩とまる朧の夜/鈴木鷹夫

干菜吊り部屋内かくす湯治宿/原柯城

遠雷に現身ほそる隠し部屋/寺井谷子

白絣部屋のまんなか通りけり/桂信子

ホ句の秋軸掛け直す母の部屋/星野椿

俳句例:61句目~

恋猫の足の跡あり化粧部屋/正岡子規

鮎の宿竹瓮行灯部屋ごとに/茂里正治

身に入むや流離の部屋に柱なく/仲川

三方に窓ある部屋や大試験/徳川夢声

その下に繙けば緑蔭の部屋/鷹羽狩行

春昼の一人の部屋に電子音/橋本喜夫

馬追や葬りしあとの父の部屋/長田等

餅花や鏡ひとつの役者部屋/山本雅子

牛部屋に蚊の声よわし秋の風/ばせを

五月青し硝子の部屋に光堂/原田青児

蝿虎部屋間違えて入り来し/高澤良一

人の居ぬ部屋力なく蠅叩/成瀬正とし

使はざる部屋の数々盆の寺/星野立子

風道の部屋に卓置く冷奴/宍戸富美子

供部屋がさわぎ勝ちなり年始酒/一茶

浪音の部屋にとどけり松納/洞/久子

どの部屋も月の光や寒き夜/高木晴子

牛部屋に顔出す牛や雪の朝/正岡子規

牛部屋に牛のうなりや朧月/正岡子規

風光る少年に部屋与へられ/飯野紫星

俳句例:81句目~

冬木影解剖の部屋にさしてゐる/篠原

熱高き部屋のどこかで兜蟲/石川桂郎

暖爐たく部屋暖にふく壽草/正岡子規

虫干や部屋縦横に紐わたし/高浜年尾

蓑虫や夕映部屋を預けくる/巌谷小波

萩芒活けて湯屋の隠し部屋/吉岡鳴石

ふるさとは旅館の昼の蒲団部屋/敏雄

書初の夫の部屋より墨匂ふ/鈴木幸子

茶立虫写経に点す母の部屋/斎藤朗笛

夫留守の部屋匂はせて寒灸/大内迪子

花嫁の部屋と隣りて初句会/沢田定子

酒部屋に琴の音せよ窓の花/広瀬惟然

木の国の女の部屋の霜格子/中村苑子

煖炉たく部屋暖かに福寿草/正岡子規

春の蘭老によき部屋当がはれ/森竜南

炭部屋の中から見えし枯野かな/石鼎

部屋毎にある蛇皮線や蚊火の宿/篠原

妻の部屋わが部屋咳を交し合ふ/林翔

炎昼の山見て部屋の中歩く/池田澄子

猿酒や部屋に地獄図極楽図/甲斐遊糸

タイトルとURLをコピーしました