栃を使用した俳句

栃に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

栃を含む俳句例

橡餅や狸の穴のよひ祭/鶴老

と青柚と橡の実を一つ/飯田蛇笏

栃無月の広葉重ねけり/石田波郷

木曽殿に銭申せ橡の餅/島田五空

冬芽して大鑛脈に栃育つ/及川貞

栃の花大志を抱く男居て/谷内茂

濃く淡く山脈昏るる栃の花/原裕

栃餅や蔵よりとうづ砂糖壺/泉鏡花

足許に橡の花咲く畦かな/坂本宮尾

犀星の母恋のごと栃嫩葉/宮坂静生

膝付いて母の髪梳く栃の花/小平湖

密林や少し明らみ橡の花/渡辺水巴

一枚の橡の広葉の落葉濡れ/上村占

一霰のあとの青空橡大樹/茨木和生

橡の木一社寺縁起巻之一/阿部完市

凶年の心得橡の実を食す/高澤良一

秋澄むや橡の木早き実を落す/桐明

橡の実や谷川ほそしけふの月/鳩枝

栃冬芽鋼びかりよ受験前/宮坂静生

大橡の鬱々と実をつけそめし/林徹

俳句例:21句目~

大空に傾く栃の落葉かな/野村泊月

栃涼し百の窯場の益子町/中谷五秋

山霧の裾の重さよ栃の花/橋本榮治

栃の実や夕雲白く谷に満つ/瀧春一

橡欅雲美しと見る夏来たり/及川貞

橡の実を踏んで傾く昼の月/小島健

遠谷へ雲かげ急ぐ栃の花/河野南畦

水中を歩き続けて栃拾ふ/茨木和生

栃茂り光芒あをき奥の滝/岡田貞峰

紅葉せる尾口村の栃の餅/小田一翠

橡餅や一軒宿の時計古り/貝原弘子

門川に栃の実晒す大内宿/天野英子

舞くらべして朴一葉栃一葉/福永耕二

うらやまし君が木曾路の橡の粥/路通

胡桃割栃の実割や冬日差/中戸川朝人

門川に橡の実晒す木地師村/野原春醪

くらやみの噴火の天に栃の花/滝春一

若葉して橡まだ少年朴壮年/富安風生

一せいに橡の若葉の吹かれたる/立子

仰ぐ顔に陰影あらじ橡の花/渡邊水巴

俳句例:41句目~

修験者の歩幅の磴や橡落葉/鶴丸白路

健脚と奥社でわかれ栃の花/藤原照子

出迎への声総立ちに栃の花/小松多美

蟻栃を黙々のぼり黙々下る/高澤良一

古墳村落葉相似て朴と栃/神尾久美子

古寺や栗をいけたる橡の下/上島鬼貫

君が手や忽ち栃の實五つ/八木林之介

行く春や旅人憩ふ栃のかげ/前田普羅

分水嶺からの一水橡の花/伊丹三樹彦

寒雲や太芽かざすは朴と橡/石田波郷

足袋底に滲む残雪橡芽吹く/松村蒼石

官庁の和らぐ並木橡の花/坂巻真砂世

山若葉朴栃夙に葉広かな/東洋城千句

山鴉巣立てる橡の咲きにけり/中川岩

年神へ切火栃栗たてまつる/宮津昭彦

幼くて岩根を照らす栃黄葉/堀口星眠

銀夕日栃の芽ばかり荒々し/堀口星眠

川隔て咲く栃の花人の声/清水貴久彦

木曾の橡浮世の人のみやげかな/芭蕉

朴は風栃は夏木の蔭呉るる/大石悦子

俳句例:61句目~

林道のここは栃の葉絨毯道/高澤良一

旅人旅を思ひ橡の花知りし/喜谷六花

栃の實の渋抜夜長咄かな/八木林之介

早乙女の一群すぎぬ栃の花/前田普羅

霧の栃五箇山乙女脚早に/小澤満佐子

星乙女の一群すぎぬ栃の花/前田普羅

栃の花に疾風俗名閑右衛門/塚本邦雄

栃の花日ぐれは逸る水の音/菅井静子

鯊舟を見てをる観瀾亭の橡/原田青児

橡の花仰げば雨が横に飛ぶ/茨木和生

橡の花巣箱に円き闇ありて/荒井民子

橡の花肩に落ちたり善光寺/細見綾子

栃七葉山の天気に恵まれて/高澤良一

橡の花雪の大嶺をわが頭上/木下青嶂

風移り行く朴の花栃の花/岸/さなえ

栃芽ぶく確かさに天曇るなり/有働亨

休日の官庁橡の実が裂ける/出井一雨

入波や栃の実を投げ日本海/榎本好宏

栃降つて山中深く日当りぬ/宮慶一郎

広島の空ついて橡咲きにけり/林晴美

俳句例:81句目~

青年に妻の好意や栃咲けり/草間時彦

栃黄葉打つ雨音に包まれし/高澤良一

栃餅を焦せり裏返せし方も/茨木和生

栗を正橡を暫く譎となす/相生垣瓜人

橡餅を搗く伝来の臼出して/里川水章

橡餅を食べ春風の川下り/岡部六弥太

栃の実に大きく空の動きけり/神蔵器

栃の実に打たれて怒失ひつ/杉山岳陽

栃の実のこぼるる秋の日和かな/斗栗

栃の実のひと笊さらし雪間水/下田稔

栃の実の落つる力の水の上/菖蒲あや

橡の雨母も安らぎ給ふらむ/結城昌治

栃の実や一村餓死の供養塔/高橋八男

山の湯の山菜づくし栃の花/村上克哉

栃の実を拾ふ白山禅定道/伊藤美音子

橡の実が落つに御車止らず/萩原麦草

橡の実に打たれて怒失ひつ/杉山岳陽

橡の実のつぶて颪や豊前坊/杉田久女

橡の実の枝に当りて落つる音/武田操

瀧道に栃の實拾ひ現れず/八木林之介

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました