古池を使用した俳句

古池に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

古池を含む俳句例

古池や花萍の昼淋し/鳴雪

古池や蓴菜に起る初嵐/保吉

古池に鼠の走る氷かな/古白

古池や蛙飛こむ水のおと/芭蕉

古池に一石投ず春の暮/加藤郁乎

古池の亀の出奔竹の秋/高澤良一

古池や翡翠去つて浮ぶ/正岡子規

古池の蛙も共に連珠かな/羅蘇山人

古池や蛙とび込む水の音/松尾芭蕉

古池にいまを浮く亀更衣/宇佐美目

古池に蛙とびこむ俳画哉/正岡子規

古池や翡翠来べき杭の形/正岡子規

古池や昼静かなる夏の鴛/正岡子規

古池に河骨さわぐ嵐かな/正岡子規

古池の蛙の国の髪あぶら/攝津幸彦

古池やほうけて蓼の花盛/藤野古白

古池をうつつに掴む春の暮/齋藤愼爾

朝あらし愛の古池吹き倒る/攝津幸彦

古池に水草の花さかりなり/正岡子規

古池に草履沈ミてみぞれ哉/與謝蕪村

俳句例:21句目~

古池に落葉つもりぬ水の上/正岡子規

古池に亡き妻や思ふ鴛一羽/正岡子規

古池のかたへ蓮咲く真菰哉/正岡子規

古池のをしに雪降る夕かな/正岡子規

古池の小隈あかるき茂かな/角田竹冷

古池の懲りない面々牛蛙/三浦二三子

古池の燈心草も枯れにけり/鈴木花蓑

古池の藻が蜻蛉うむ昼寝かな/龍岡晋

古池や凍りもつかで鴨の足/正岡子規

古池や蓮より外に草もなし/正岡子規

古池や柳枯れて鴨石に在り/正岡子規

古池やさかさに浮ふ蝉のから/正岡子規

古池の古草ぞ世にふさふさと/永田耕衣

古池や乱れてしまえ萩すすき/鳴戸奈菜

古池に飛び込む男浮いてこい/石井哲夫

古池に投げて蛙を生かしめき/攝津幸彦

古池に待たれて赤い帯しめぬ/鳴戸奈菜

古池にちりこむ梅かな椿かな/正岡子規

亀鳴くに間ある古池巡りけり/高澤良一

古池も食わねば死ぬる秋の暮/永田耕衣

俳句例:41句目~

古池を触つて居れば眠りけり/永田耕衣

古池やこいつ投げこめ水の音/藤野古白

芙蓉咲いて古池の鴛やもめ也/正岡子規

芭蕉破れて古池半ば埋もれり/正岡子規

「古池」の句碑裏青き五月かな/大石悦子

キャンパスの杜に古池鴛鴦眠る/加納朝子

古池やしくるゝ音の夜もすから/正岡子規

古池の花散りふゆることをのみ/皆吉爽雨

古池や川せみ去つて日暮れたり/正岡子規

古池のはたと日暮るる藪からし/上林孝子

古池のつめたき水に浮巣かな/高橋淡路女

古池や藤咲きたれてゐもり浮く/松本たかし

秋雨や古池ながら草あをき/飛鳥田れい無公

古池へ下りる道なき杉菜かな/五十崎古郷句集

古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな/加藤郁乎

古池の深さ知らざりあめんばう/D/J/リンズィー「むつごろう」

タイトルとURLをコピーしました