雑音を使用した俳句

雑音に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雑音を含む俳句例

補聴器に拾ふ雑音日向ぼこ/原村明子

聞き流すつもりの雑音藤袴/落合よう子

舟を上れば陸の雑音蜩に/安斎櫻カイ子

雑音の多きラジオに黄砂降る/山内崇弘

そこはかとなき雑音や秋の暮/吉岡禅寺洞

町中を雑音を沈めて秋の川/阿部みどり女

雑音に耳あそばせて日向ぼこ/竹下しづの女

蜂飛べりラジオ雑音となりし昼/長谷川かな女

鶏頭も雑音をきいている一人である/吉岡禅寺洞

都会の雑音に朝となり花が散りゐたり/栗林一石路

雑音のリズムをききわけようとして宿の菊に/吉岡禅寺洞

タイトルとURLをコピーしました