血色を使用した俳句

血色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

血色を含む俳句例

耳たぶの血色ぞすきて瞑想す/篠原

夏曉の散歩の顔の血色よき/高澤良一

新節の硬き血色を削りけり/岡田四庵

白豚や秋日に透いて耳血色/杉田久女

血色よき児童が通る春日中/高澤良一

夜へ遺す血色のトマト平家村/伊丹公子

港の夜市に杏の血色移民の裔/伊丹公子

青葡萄紅茶のみたる手の血色/片山桃史

散り敷ける落葉は血色鍵屋辻/中津千恵子

美しく血色見え来し種痘かな/水原秋桜子

旺んなる頬の血色や死線を越ゆ/赤城さかえ

蚊帳かけてみれば血色あるごとし/川島彷徨子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました