錠剤を使用した俳句

錠剤に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

錠剤を含む俳句例

寝る前の錠剤一つ虎落笛/錦織畔燼

生身魂錠剤一粒掌より逃げ/堤高嶺

風邪の喉錠剤の角なほもあり/篠原

山頂に少年かるい錠剤撒く/阿部完市

錠剤の一つはピンク秋深む/矢村三生

クリスマス贈物ほど錠剤持ち/鈴木栄子

致死量といふ錠剤や四月馬鹿/保坂敏子

錠剤と白湯ある卓も立夏かな/都筑智子

錠剤のみて極暑の中の人に伍す/山崎鏡

錠剤はどれも原色春かなし/復本鬼ケ城

河童忌の錠剤シートペきと折り/内田美紗

錠剤を噛み砕き服む薔薇の前/相生垣瓜人

ふたつぶの白き錠剤あかときにひとの闇へと落ちゆくをみる/江戸雪

タイトルとURLをコピーしました