鶏卵を使用した俳句

鶏卵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鶏卵を含む俳句例

苞にする十の命や寒鶏卵/太祇

受難節卓に鶏卵光りをり/上田操

春寒く二ッ残リし鶏卵酒/高井几董

玄関に鶏卵生む淑気かな/小谷舜花

草の戸や盃足らぬ鶏卵酒/黒柳召波

なんとなく鶏卵とがり百日紅/斎藤玄

凍る日の陣痛の皺鶏卵に/小檜山繁子

十月の鶏卵眠る肩を寄す/磯貝碧蹄館

白むくげ朝の鶏卵落すまじ/新間絢子

百はある鶏卵みがく寒の入/及川孤雨

鶏卵の白のまぶしき終戦日/猿渡藜子

鶏卵を市電で割りぬ啄木忌/攝津幸彦

鶏卵は生みつぱなしに秋の暮/斎藤梅子

鶏卵を買ひきて拡ぐセルの膝/野澤節子

鶏卵屋の噛み殺したる生あくび/仁平勝

寝酒せむ先づたのもしき鶏卵百/黒柳召波

早苗饗の馬に鶏卵割り呑ます/岡野風痕子

タイトルとURLをコピーしました