他界を使用した俳句

他界に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

他界を含む俳句例

一本は他界へ傾ぐ冬欅/平松彌栄子

他界より覗く眼のあり夕桜/穴井太

荒海や他界のごとき餅の光/斎藤玄

兔穴他界の闇を見るごとし/大石悦子

沼の香の他界を見たる秋螢/河野南畦

紫陽花や既に他界の言葉吐く/斎藤玄

雪虫や俄かに君が他界せし/瀧井孝作

他界とは桜に透ける向う側/宇多喜代子

朧濃く他界の言葉吐きしかな/齋藤愼爾

睡りつつ他界を覗く嬰児かな/藤原月彦

雪の山遥か他界にあるごとし/鈴木花蓑

他界にて裾をおろせば籾ひとつ/中村苑子

他界より来てまた帰る生姜売り/藤原月彦

枯葦原他界のひかりはばからず/和田知子

藻の花を覗けば他界も暗かりき/河原枇杷男

彼岸の雀よ他界想はで他界せしは/中村草田男

しづかなる目覚め雪ふるは他界めき/小山曲江/『余韻』

タイトルとURLをコピーしました