沖釣りを使用した俳句

沖釣りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

沖釣りを含む俳句例

蜻蛉や沖釣舟の舷に/小杉余子

七月の行方烏賊釣火は沖へ/原裕

何を釣る沖の小舟ぞ笠の雪/黒柳召波

沙釣りや沖流れ去る菊一朶/会津八一

行く年の沖に賑はふ夜釣の灯/中拓夫

釣りに出る品川沖や雲の峯/野村喜舟

鰒釣や沖はあやしき雪模様/正岡子規

ちぬ釣を乗せて舟発つ沖の磯/根岸善雄

寒釣の沖までつづく芦刈屑/米沢吾亦紅

寒鰡釣る人のうしろで沖見をり/中拓夫

沖天の星みな消して烏賊釣火/木村忠生

沖遠し青年が釣り河豚鳴けり/西東三鬼

烏賊釣りの舟残照の沖めざす/平賀寛子

沖ぼろに夏至の小雨や脚立釣り/増田龍雨

沖釣の舟にこほろぎゐて鳴くよ/木村蕪城

烏賊釣の修羅場の灯かも沖染めつ/有働亨

麦熟れば沖に麦烏賊釣るるなり/田中冬二

江戸前の雑釣り仕立て沖膾/酒井筍生「未来図合同句集」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました