即身仏を使用した俳句

即身仏に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

即身仏を含む俳句例

何人の即身仏や枯芙蓉/石川みのる

傷みなき蝉の屍即身仏/平井さち子

刈田光即身佛は口開く/秋元不死男

大日坊即身仏に紅の花/小高章木子

冬の蚊を払ひ即身仏となる/攝津幸彦

床冷えて即身仏に近寄れり/大野綾子

百舌の贄即身仏は法の贄/阿波野青畝

秋の声即身仏の辺に聞けり/仁尾正文

薄紅葉即身仏の笑み深き/松田ひろむ

即身仏みてきて鯛の目玉食う/前田保子

即身仏見て来て糠蚊打ち払ひ/瀬古陽苑

夏暮れて即身仏の御手かな/高橋千恵子

早稲さんさん即身仏を拝しきて/小島健

眼張買ふ即身仏の山おりて/鈴木多江子

即身仏梅雨の木に来る鳥もなし/細川加賀

即身佛昼のかなかなうしろより/細川加賀

即身佛梅雨の木に来る鳥もなし/細川加賀

身に沁むや即身仏の緋の法衣/鈴木フミ子

即身仏オクラの花の黄なるかな/小島千架子

タイトルとURLをコピーしました