雌鶏めんどりを使用した俳句

雌鶏めんどりに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雌鶏めんどりを含む俳句例

雄鶏よ雌鶏よ今日啄木忌/原田喬

節分がくる雌鶏の声聞けば/原田喬

めんどりに真水が見ゆる祭前/菅原鬨也

めんどりに貝殻食はす桜かな/小川軽舟

めんどりにして蟷螂をふりまはす/飴山實

めんどりの尻蹴つてああ夏の果/藤田湘子

めんどりの盗みあるきや苗木市/北村仁子

冬帽子めんどりを背に感じをり/永島靖子

古草をかき鳴らしてはめんどりら/原田喬

めんどりをひねる卯の花腐しかな/後藤貴子

犬蓼やめんどり納屋に入りしまま/永方裕子

柘榴哄笑す雌鶏しろき卵を抱けば/富澤赤黄男

めんどりにをんどりがゐて秋の空/九鬼あきゑ

めんどりのそそくさとして注連飾る/河村正浩

めんどりの首立ててゐる罌粟の昼/鷲谷七菜子

着ぶくれてなんだかめんどりの気分/正木ゆう子

めんどりよりをんどりかなしちるさくら/三橋鷹女

陽炎めんどりは思ふことを鳴かずあるさま/安斎櫻カイ子

タイトルとURLをコピーしました