タクシーを使用した俳句

タクシーに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

タクシーを含む俳句例

別々に拾ふタクシー花の雨/岡田史乃

駅待ちのタクシー一台麦の秋/杉本寛

タクシーの一車が通ふ枯療園/右城暮石

タクシーに乗りこむ髪に風花が/西村和子

タクシーのぬくき充満双子の歌/和田悟朗

タクシーのハザード瞬ける深夜/藤田敦子

タクシーの後部座席に牡丹咲く/有馬正二

タクシーの終始不愛想薄暑かな/中村汀女

タクシーヘ先に乗りこむ千歳飴/大西一冬

個人タクシー出て頭垂れ広島忌/松山足羽

動かざるタクシーの列枯野まで/福田洽子

心の隙に夜霧のタクシー近寄り来/岸田稚

タクシーに射す日のぬくさ斑雪山/茨木和生

タクシーのドア開けて待つ目借時/渡辺一夫

タクシーの無線飛び交ふ花火の夜/大島民郎

宝恵駕にタクシー塞かれをりにけり/三村純也

馬車のりばタクシーのりば花の駅/田中松陽子

タクシーで乗りつけ二十日えべつさん/高澤良一

タクシー待つ夜は氷柱となりゆくか/森竹須美子

春の夜のタクシーが来る母のやうに/高山れおな

タイトルとURLをコピーしました