彼岸婆を使用した俳句

彼岸婆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

彼岸婆を含む俳句例

丈六の卒塔婆みちを彼岸婆/原裕

会釈して影の縮まる彼岸婆/岸田稚

午前中子守婆午後彼岸婆/小原澄江

梵妻も一目置くや彼岸婆/橘/榮春

駄々走り来て小水の彼岸婆々/静雲

説く僧に合点々々や彼岸婆/森永杉洞

杖をつく顔がぶる~彼岸婆々/河野静雲

沢庵のつみきり喰ひも彼岸婆/河野静雲

罵れる歯がすこやかや彼岸婆/綾部仁喜

しみたれの袋をさげて彼岸婆々/河野静雲

彼岸婆つぶやき経となりゐたり/中谷真風

念仏講に顔そろひたる彼岸婆/鰍沢真佐子

森に入れば森の暗さに彼岸婆/加倉井秋を

腰の手のはだか線香や彼岸婆々/河野静雲

通りすがりの人掴まえて彼岸婆/高澤良一

みぎひだり廊下まちがへ彼岸婆々/河野静雲

リリック/ソプラノの称名彼岸婆/塚本邦雄

彼岸婆和讃終へてもつぶやけり/町田しげき

輪をかいてつきゆく杖や彼岸婆々/河野静雲

御院家にちよとものいひに彼岸婆々/河野静雲

俳句例:21句目~

這ひ出して来たとよろこび彼岸婆々/河野静雲

タイトルとURLをコピーしました