塵芥を使用した俳句

塵芥に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

塵芥を含む俳句例

朧より水運び来し塵芥/原裕

勅封の塵芥文書曝涼す/丘本風彦

塵芥車滴り長し二月尽/沢木欣一

枯芝に大学祭の塵あくた/行方克己

待つ春や氷にまじる塵あくた/智月

塵芥夫凍て蟹殻の紅こぼす/莵絲子

陸続と仕事始の塵芥車/名久井清流

冬の暮塵芥の穴死ぬ如し/小川双々子

凍水仙生き生き朝の塵芥車/宮坂静生

塵芥に空瓶光る鯉のぼり/百合山羽公

塵芥の捨場寒星かゞやけり/右城暮石

塵芥車椿煽つてゆきにけり/冨田正吉

寒波来る二つ三つと塵芥袋/山口卓郎

敬老の日塵芥奉行命ぜらる/中尾硫苦

春闘のビラ貼つて来る塵芥車/芝由紀

魔巣立ちひかり流るる塵芥/成田千空

塵芥車も春闘参加車体に字/田川飛旅子

夫への思慕をさえぎる塵あくた/鎌倉佐弓

塵芥車も怠けたき日か浮寝鳥/鍵和田ゆう子

大寒の生きては塵芥を出しにけり/村越化石

俳句例:21句目~

鈴は己れに涼しく振つて塵芥車/加藤知世子

輸送船はかなし波止場の波の塵あくた/栗林一石路

タイトルとURLをコピーしました