墨絵を使用した俳句

墨絵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

墨絵を含む俳句例

枯蘆の墨絵に似たる雀哉/荊花

曙の墨絵の雲や糸ざくら/泉鏡花

墨絵めく霧の山河や雪舟忌/檜紀代

黒眼鏡かけ炎天の墨絵かな/上野泰

半夏生墨絵の滝を吊しけり/平林孝子

文晁の墨絵の襖に青葉寺/八牧美喜子

春みぞれ墨絵の里は昼灯し/勝村茂美

杉山の墨絵ぼかしに牡丹鍋/木内彰志

秋涼や墨絵となりぬ相模湾/落合柊子

二荒山墨絵ぼかしに霾れり/松崎鉄之介

墨絵にもほのかなる紅風光る/福島加津

松の影の墨絵ににじむ沼の秋/寺田寅彦

沼の雨墨絵の如く鷭浮けり/綾部ひで子

義仲寺の志功の墨絵春なかば/谷口淑江

雪止みて墨絵の屏風伊賀連山/田中義明

うつくしき墨絵の便り紀元節/杉戸由紀子

かかりたる墨絵達磨の忌日かな/徳本映水

一ツ目の橋や墨絵のほとゝぎす/永井荷風

墨絵へと帰る八坂の寒鴉/乙も/明隅礼子

春宵は墨絵のごとく尼おはす/石田雨圃子

俳句例:21句目~

冬滝の墨絵となりて山毛欅に消ゆ/松村蒼石

簀戸ごしに浮世のさまの墨絵めく/逢坂月央子

タイトルとURLをコピーしました