博士を使用した俳句

博士に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

博士を含む俳句例

囀を聞き分けてゐる鳥博士/大串章

天文の博士ほのめく冬至かな/召波

炉の主雑学博士もて任ず/三村純也

蛸博士腹式呼吸教授せり/高澤良一

寒雀博士とあそび羽叩ける/萩原麦草

煤逃や物識り博士ゐる床屋/山口通法

草餅や登山の博士学士達/石島雉子郎

蝙蝠を捕へて来たる博士哉/正岡子規

釈奠や笙もてあそぶ老博士/小田島艸于

しののめや博士まうづる四方拝/筑紫磐井

ココア啜る夕顔の前の博士かな/清原枴童

博士の背土曜の森に消えたまま/滝口千恵

博士等は殺卵電波発明す/オオヒロノリコ

永き日や韋陀を講ずる博士あり/夏目漱石

老博士秋の巴里を語りつきず/大場白水郎

驢車駆りて博士の子等の御慶かな/中川四明

星今宵わかき博士は兵に召され/久保田万太郎

朝食いつしよに東方の博士あじさい/阿部完市

ジキル博士もハイド氏も老い日向ぼこ/吉田汀史

バンクーバー秋に客死博士の記念公園/伊丹公子

俳句例:21句目~

旭の薔薇に矗と彳つ博士夫人かな/竹下しづの女

菊咲いて耆婆も阿私陀も博士かな/長谷川零餘子

タイトルとURLをコピーしました