武器を使用した俳句

武器に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

武器を含む俳句例

蝮捕棒一本を武器として/植田のぼる

冬茨農民なれば武器もたず/栗林一石路

大元帥法にて武器を鎮めけり/松浦敬親

平成も武器の音する脱穀機/浜田きみ子

押し合うて武器にはならず袋角/松浦幸子

核も武器もない山田の蝌蚪群れ/切目とき

梅固し武器の如くに電話切る/赤松けい子

武器をもつ農民に似て燃える生木/上月章

武器捨てし十九の夏を彼は持つ/藤田湘子

米粒を研ぎつゝ武器といふ言葉/攝津幸彦

階段の他人が武器の音たてる/林田紀音夫

雪しまき大地を伝ふ武器商人/水野真由美

このフォーク何時にても武器冬苺/山中蛍火

初日記書きゆくペンはわが武器よ/岩崎照子

夏雲やレジスタンスに武器降りし/小池文子

武器捨てし頽廃あをく黴咲けり/小松崎爽青

夜の航武器のごとくにバナナを持ち/金子兜太

玉砕碑に添え置くバナナ武器めけり/梅田弘祠

針食らう口角武器とならざりし/長谷川みさを

たしかに四個霧夜武器売る会議の灯/五十嵐研三

俳句例:21句目~

武器捨てよ武器取り立てといふ声すわづか五年の月日と思ふに/太田青丘

タイトルとURLをコピーしました