牛小屋を使用した俳句

牛小屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

牛小屋を含む俳句例

牛小屋に牛の新角山笑ふ/皆吉爽雨

牛小屋に牛ゐて曇らざる稲田/原裕

牛小屋に牛形据うる朧めき/石川桂郎

牛小屋の夜からからと唐辛子/中拓夫

牛小屋の牛が顔出す草の花/嶺/百世

牛小屋の牛に流れぬ石鹸玉/福島鼓調

牛小屋の盆灯かぶる一眷族/萩原麦草

炎える昼牛小屋までの水こぼす/桂信子

牛小屋と壁一重なり施餓鬼棚/加藤康人

牛小屋の壁にもかけし初暦/大隈/米陽

牛小屋の小戸を外しぬ出水急/三星山彦

牛小屋の牛が貌出す花南瓜/柴田白葉女

牛群れて牛小屋ぬくし寒夕焼/相馬遷子

牛小屋のもつとも匂ふ夕立来る/清田松琴

牛小屋の梅雨の臭ひに堪へおはす/志城柏

牛小屋も灯りてうれし井華水/村山たか女

牛小屋にラジオ鳴りをり文化の日/武田忠男

牛小屋の屋根を野分にさらはれつ/寺田寅彦

牛小屋の藁敷きかへて亥の子かな/岡本高明

さなぶりに灯してありぬ牛小屋も/鏑木登代子

俳句例:21句目~

白浪が見えて胡麻の花が暑い牛小屋/内島北朗

もろこし棲む大きな牛小屋小さな家/八木三日女

牛小屋は暮れつゝ山火いろめきぬ/五十崎古郷句集

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました