夏の季語一覧

俳句例:101句目~

ホッケーの球の音叫び声炎帝/星野立子

外套を負ひて炎夏の街をかへる/瀧春一

岩手山より炎帝の躍りでる/上田日差子

炎夏の街英霊車過ぎ音もなし/加藤楸邨

炎帝に事へて怯むこともなし/石塚友二

炎帝に召し使はれて肥担ぐ/上田五千石

炎帝に奥の手がありそを使ふ/高澤良一

炎帝に影を奪はれ故宮かな/鍵和田釉子

炎帝に葡萄の種を抜かれたる/高澤良一

炎帝の使ひ慣れたる責め道具/高澤良一

炎帝の待ち伏せにあふ地下出口/原幸子

炎帝の昏きからだの中にゐる/柿本多映

炎帝の熱気容れざる鏡の間/櫛原希伊子

炎帝へ醜の翁と出で立ちぬ/山上樹実雉

炎帝や地球は男ざかりなり/和田耕三郎

かの夏や壕で読みたる方丈記/鍵和田釉子

柄長きをわがうちはとし夏百日/井本農一

この夏は完膚なきまで蝉世界/新谷ひろし

炎帝に召されしなかに母もをり/能村研三

この夏やひさご作りに余念なく/杉田久女

俳句例:121句目~

わぎもこの小さき白靴夏は来ぬ/岸風三楼

亀の頭のごとくに朱夏の雲の浦/高澤良一

川のやうにおのれ育てよ夏百日/桜井博道

炎帝にお辞儀せしまま福助は/佐々木六戈

喜多方の夏や土蔵を観てまはる/椎橋清翠

夏百日鳥のはばたきばかり過ぎ/中島斌雄

炎夏の家ぢくざぐの愛身を刻み/石塚友二

雪女郎の夏やすらぎの硫黄小屋/河野南畦

一夏が過ぎる幾すぢも蛇を見て/中山純子

炎帝の住みつきたまふ工場かな/金子光利

炎帝や生せず滅せずとは謂うも/阿部王峰

帆船に朱夏の井戸水積みにけり/佐川広治

謙譲語脱ぎ捨ててより夏は来ぬ/櫂未知子

わが朱夏の雪渓なれば汚るるな/大石悦子

生半紙の目貼ゆゆしや夏がこひ/高濱年尾

炎帝の摩利支天とは子なりけり/中島陽華

さるすべり夏百日を過ぎてもや/石川桂郎

夏百日キリンの首がまた伸びる/森田智子

炎帝の爪なるものに触れにけり/田中裕明

炎帝の玉を捉らむと屋根の獅子/沢木欣一

俳句例:141句目~

炎帝よのけぞりにこの焦げ死体/成田千空

淋しさに寄れば孟夏に揺れる花/安井浩司

野の牧舎草嚥み熄まぬ夏は来ぬ/堀口星眠

よろこびを日に日に覚え夏に居る/原石鼎

カラ更ふる夏が待つなる島近く/林原耒井

弟子となるなら炎帝の高弟に/能村登四郎

ゆくひとへまこと一杓朱夏の水/加藤耕子

老耄にだれも気づかぬ夏百日/宇多喜代子

夏は闌けたり駅弁のからき昆布/中西夕紀

腋烟る少女でありし夏はるか/正木ゆう子

蘇鉄の実夏百日をせめぎあひ/岡本まち子

天金の怺へつづける夏はた秋/沼尻巳津子

稚児育つ夏や杉の香ことさらに/原コウ子

支那服の夏はうれしや腕見せて/原田青児

掌で穴をぬくめづめなり炎夏翁/永田耕衣

炎帝に見初められしよ汗をして/柴田奈美

夏となる路地に老婆の大きな声/菖蒲あや

炎帝に追ひ返されし散歩かな/相生垣瓜人

ものの影みな炎帝に奪はれし/藤好まち子

炎帝のをさまる夕べ待つことに/稲畑汀子

俳句例:161句目~

みちのくの朱夏の山水掬ひけり/佐川広治

街路樹の夏や巷には木だまなし/米沢吾亦紅

この夏は帽かむらんかなどとふと/石塚友二

優曇華に夏はも懐炉あてて病めり/森川暁水

夏はピザそれも手製がいちばんと/高澤良一

くるめきて炎帝わたる涸れ川原/柴田白葉女

貝殻のゆきのした夏にめぐりあふ/下村槐太

火と水の周辺朱夏がきらきらす/河野多希女

火と水の周辺朱夏がきらきらす/河野多希女

木々照らす月も夏なる煙草吹く/金尾梅の門

夏に病みて竹枯れやまぬ音に臥す/斎藤空華

暑かりし夏やりすごし木々立てり/星野立子

呼びもせぬ炎帝のゐる避暑地かな/橋本榮治

冬は又夏がましぢやと言ひにけり/上島鬼貫

くなしりの夏ともしびと思はるる/平沢凡愁

一本の沙羅植ゑてより夏となる/文挟夫佐恵

炎帝や嬰のかんしやく負けはせぬ/仙田洋子

わが朱夏の詩は水のごと光るべし/酒井弘司

向日葵や炎夏死おもふいさぎよし/飯田蛇笏

夏は老いたかさりかさりと黍の村/伊丹公子

俳句例:181句目~

はや夏にならふ梅じやの椿じやの/広瀬惟然

茶のこころ夏は涼しくあれとのみ/西本一都

夏百日かんがへすぎて葉の落つる/高橋睦郎

夏はあれど留守のやうなり須磨の月/松尾芭蕉

いくさなお熄まず再び夏が街を蔽う/橋本夢道

プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ/石田波郷

この夏は味噌仕立てにて逝きにけり/森川麗子

膝ついて小石採る漁婦夏は死んだ/伊丹三樹彦

兵営の屋根に雲うごく夏となれり/栗林一石路

干し烏賊のすだれ沖より夏は来ぬ/小田実希次

夏あはれ生きてなくもの木々のあひ/室生犀星

路地に子がにはかに増えて夏は来ぬ/菖蒲あや

われら十二歳の夏にしあれば川鋭し/清水哲男

夏と吾の距離クローバー繋ぎても/ほんだゆき

三夏その首夏告げわたる風なりけり/高澤良一

夜の雲水のごと敷く夏あはれ/飛鳥田れい無公

蛇を見る/しずかなる晝の夏に處す/荻原井泉水

シヤツ干すや焼け跡の夏にはかなり/榎本冬一郎

シャワー全開/夏は哀しみ持っていった/松本恭子

日の色や岩噛む浪も夏となり/原月舟、長谷川零餘子編

タイトルとURLをコピーしました