新年の季語一覧

俳句例:201句目~

冴ゆる灯に新年夜情雪のこゑ/飯田蛇笏

国原を走る神の火年立てり/民井とほる

新玉の春衣着つれて酔つれて/尾崎紅葉

木に石に注連かけて年改まる/右城暮石

安らぎは心にありぬ年明ける/高木晴子

火のいろのしんかんと年改る/篠崎圭介

炉の母に年移りゆく榾をつぐ/倉田紘文

年始にも老の一徹見られけり/高浜虚子

年新た稚魚遊ぶ海透きとほり/佐野美智

年新た鶏の動悸をてのひらに/香取哲郎

禽獣に声をやさしく年はじめ/今川凍光

脇宮は梯子掛けながし年移る/宮武寒々

年明くる暗き瓦の傾斜より/堀井春一郎

年明ける川辺に箸を洗ふ音/福田甲子雄

年立つて耳順ぞ何に殉ずべき/佐藤鬼房

間髪を入れずして年改まる/阿波野青畝

霧氷咲く石鎚山に年移りをり/吉野義子

年立つとこゑや隣の蒲団より/高澤良一

年立つやもとの愚が又愚にかへる/一茶

ほまち魚さげて年始の漁師妻/西岡千鶴子

俳句例:221句目~

ふるさとの年新たなる墓所の雪/飯田蛇笏

オリオンの盾新しき年に入る/橋本多佳子

花屋いでて満月に年立ちにけり/渡辺水巴

年立てる闇水晶に入るごとく/鳥居おさむ

花温室の年立つ雨もふりやみぬ/飯田蛇笏

若者ら来て年頭をゆさぶりぬ/蓬田紀枝子

ふるさとのころ柿食うべ年迎ふ/臼田亞浪

あら玉の餅を焦してゐたりけり/永方裕子

夫の靴そろへ年始の客となり/牧山美佐子

嘴太鴉と明日の見えない年迎ふ/高澤良一

路地の子が礼して駆けて年新た/菖蒲あや

かくてまた父の亡き年移りゆく/大橋敦子

がたぴしの戸を開けて年改まる/細川加賀

遊ぶ子の声満ちて年立ちゐたり/大石悦子

ひば垣の角くつきりと年迎かふ/神谷孝子

新年の山のあなたはみやこなる/室生犀星

倦む日なきわが酒に年立ちかへる/上村占

嬰のごとくにころがされ年移る/長谷川双

世に借りしもの大いなり年迎ふ/目迫秩父

たつぷりと火種を埋めて年移る/菖蒲あや

俳句例:241句目~

ひとり寝の顔に日が射し年新た/菖蒲あや

にべもなく新年きたる机辺かな/小池文子

松は霜に葉を逆立てゝ年明けぬ/渡邊水巴

新年のゆめなき夜をかさねけり/飯田蛇笏

ピスタチオ殻割る音に年立てり/高澤良一

をのこ子の小さきあぐら年新た/成田千空

新年といえども与す世にあらず/橋本夢道

われ農や年始疲れは靴からくる/大熊輝一

われの年明けてくるなり怒濤音/高橋悦男

年立つや音なし川は闇の中/久保田万太郎

しみじみと訓へ身につけ年始め/宮武寒々

橋おのおの影を水面に年迎ふ/長屋せい子

年立つや罪負へるごと躄りをり/小林康治

新年を見る薔薇色の富士にのみ/西東三鬼

御年始の返事をするや二階から/小林一茶

年頭童心枕木十歩にはずみ得て/香西照雄

枯萱に年かはりたる日がさせり/清崎敏郎

年来たる如何な年ぞと頭上ぐ/天野莫秋子

二千年明くる子午線西へ西へ/秋山朔太郎

年新た此処から空がいつも見え/池田澄子

俳句例:261句目~

年頭句厚き雑誌を割って読む/百合山羽公

年頭はかばのとじめのうつは物/浜田酒堂

絵馬の竜火を吐きて年改まる/友田しげを

神に仕ふる心ゆたかに年立ちぬ/高田蝶衣

年迎ふちちははありし日の遠く/武石佐海

新年の山深く歯朶はみどりなる/室生犀星

稿終へし指の先より年明くる/古賀まり子

見上げゐる犬にもの言ふ年はじめ/下田稔

豊髯の教へ子に会ひ年はじまる/藤岡筑邨

新年の森であかるい藻となる髪/伊丹公子

竹の奥つやつやと年来つつあり/手塚美佐

風の向きに伏し枯草の年移る/鈴木六林男

年新た日々為し何にを遺すべき/河野南畦

鯣マラルメ年の始めが暇である/池田澄子

年かはり炭火匂つてゐるばかり/藤木清子

抜き放つだんびらのごと年立てり/高澤良一

年立ちぬ無明にて刻聴きをれば/藤村多加夫

年立ちぬ又の世も亦教師たらむ/米田双葉子

年立ちてこゝろ静けき起居かな/高橋淡路女

脣拭きしナプキン燃えて年立つ炉/宮武寒々

俳句例:281句目~

杉落葉香りぞたかく年明けたり/加倉井秋を

新玉葱研ぎしばかりの刃に応ふ/岡本まち子

干菜鳴り吹雪く恵那にも年立ちぬ/加藤春彦

核の危機を負ひつづけ年改まる/田川飛旅子

別腸と云ふも涸れつつ年立ちぬ/相生垣瓜人

冬の日矢二○○○年来る加速して/銀林晴生

金彩のチェンバロの音に年迎ふ/佐藤美恵子

二千年来るともかくも冬至の湯/北見さとる

下痢また風邪わが新年の賑やかに/石塚友二

リラックスリラックスして年迎ふ/高澤良一

リボンの輪ほどく速さに年明くる/対馬康子

みほとけの母を呼びをり年明くる/石原八束

あら玉の牡蠣と狂歌に読めりける/尾崎紅葉

しづかにて繭になりたき年はじめ/松本雨生

虚子刀自にねぎらはれつつ年改まる/上野泰

年来つつありタンカーの真正面/石崎多寿子

てのひらが年立つものの初めかな/加藤楸邨

人来ればはじめて年の明けにけり/如月真菜

かざす手に年立つ水のつめたくて/川村暮秋

おほみそら瑠璃南無南無と年新た/飯田蛇笏

タイトルとURLをコピーしました