季語/秋彼岸(あきひがん)を使った俳句

「秋彼岸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋彼岸」について

【表記】秋彼岸

【読み方】あきひがん

【ローマ字読み】akihigan

子季語・関連季語・傍題・類語など

・後の彼岸(のちのひがん:nochinohigan)

・秋彼岸会(あきひがんえ:akihigane)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

秋彼岸を含む俳句例

風もなき秋の彼岸の綿帽子/鬼貫

忘却も供養の一つ秋彼岸/森白象

日表へ集る蜂よ秋彼岸/村越化石

陸橋の眞空白雲秋彼岸/石原舟月

陸橋の空の白雲秋彼岸/石原舟月

口むすぶ鯉みて帰る秋彼岸/桂信子

秋彼岸海の夕づく俄かさよ/村田脩

木に鶏の止りて秋の彼岸寺/岸田稚

秋彼岸ただ一本の銀杏も/廣瀬直人

きらきらと秋の彼岸の椿かな/木導

秋彼岸廂より煤ふりたるを/中田剛

眦に鳥はありけり秋彼岸/桑原三郎

女ばかり参る墓あり秋彼岸/坂井建

寒波来て遠山白し秋彼岸/相馬遷子

父のみの眠る新墓秋彼岸/大橋敦子

秋彼岸竹林雲の下に揺れ/廣瀬直人

秋彼岸袂ひろげて飛ぶ雀/川崎展宏

秋彼岸麓の馬の紺に見ゆ/友岡子郷

赤松の幹の明るき秋彼岸/矢島房利

集ひくる白鶺鴒や秋彼岸/堀口星眠

俳句例:21句目~

母の客日暮れて帰る秋彼岸/相馬遷子

百畳を見渡してをり秋彼岸/斎藤梅子

地の罅によべの雨滲む秋彼岸/岡本眸

大障子開け放ちあり秋彼岸/秋月城峰

大風のそれし日和や秋彼岸/青木月斗

あだし野の秋の彼岸の仏道/倉田紘文

濡れつづく母の爪革秋彼岸/中村明子

秋彼岸母を連れたる船遊び/中山純子

しみ~と里芋煮しめ秋彼岸/河野静雲

畝立てゝ過せる秋の彼岸かな/飴山實

現身をからくも支へ秋彼岸/福田蓼汀

山畑を劃れる径や秋彼岸/八木林之介

秋彼岸わが背を壁に刻印す/阿保恭子

懐しき暑さに家居秋彼岸/高田風人子

玉の如き日を賜れり秋彼岸/日美井雪

秋彼岸ぽつんぽつんと男たち/原田喬

蜻蛉の汀女が逝けり秋彼岸/青木重行

秋彼岸蜂飯炊いて配りけり/吉田冬葉

狂女にも正座の礼や秋彼岸/小野冬芽

秋彼岸近づく経をよみ習ふ/中川宋淵

俳句例:41句目~

一塊の石にも供華や秋彼岸/伊能松並

蜑のこゑ山にありたる秋彼岸/岸田稚

賑やかに秋の彼岸の見舞客/石田波郷

万象にしづか日つづき秋彼岸/原石鼎

越なれば夜も墓灯り秋彼岸/福田蓼汀

殺陣の稽古見てゐる秋彼岸/大島民郎

何の灰海べの髪へ秋彼岸/宇佐美魚目

供えたるもの皆円し秋彼岸/対馬康子

顔の上に鳥の影さす秋彼岸/鳴戸奈菜

砂ふめば砂のきらめき秋彼岸/大津希水

秋彼岸ぞろぞろ人の水に映る/中山純子

秋彼岸にも忌日にも遅れしが/高濱虚子

秋彼岸地に寝る若者らが暑し/金田咲子

秋彼岸汗ばむ晴のよかりけり/牧野寥々

うれしくて川をはなれず秋彼岸/原田喬

ひよりよく奥嶽そびえ秋彼岸/飯田蛇笏

二人泊る秋の彼岸や珠数屋町/中川四明

南無秋の彼岸の入日赤々と/宮部寸七翁

子の菩提かと人が聞く秋彼岸/後藤綾子

老どちは秋彼岸会の薄羽織/高橋淡路女

俳句例:61句目~

少年のバッグに小犬秋彼岸/八木林之助

父母よりも長命たまひ秋彼岸/上田朴月

故ありてあづかる位牌秋彼岸/亀田月庭

赤松の幹にちからや秋彼岸/片山由美子

東京に井戸ある不思議秋彼岸/能村研三

水のなき甕裾ゑてあり秋彼岸/瀧澤宏司

汲みさげし閼伽に碧落秋彼岸/井沢正江

名水をもていれし茶に秋彼岸/村越化石

病む妻にふるさと遠き秋彼岸/川口利夫

病人のかたはらに来る秋彼岸/広瀬町子

秋彼岸濯ぎ慣れたる川瀬あり/友岡子郷

三尺下つて猿め蹤きゆく秋彼岸/鈴木栄子

山寺に降りこめられて秋彼岸/大橋櫻坡子

秋彼岸うすく日が射す鯉のひげ/中村明子

秋彼岸詣り合はせてみな親し/深見けん二

秋彼岸おとなふひとも絶えてなく/原石鼎

山の木の親しき秋の彼岸かな/黒沢宗三郎

まつ白のオウム鳴き出す秋彼岸/乙武佳子

草か木かわからぬものも秋彼岸/岸本尚毅

湯あがりの母の坐しゐる秋彼岸/阪田昭風

俳句例:81句目~

どことなく悪い歯があり秋彼岸/桑原三郎

それとなく御飯出てくる秋彼岸/攝津幸彦

深川は水場の秋の彼岸かな/久保田万太郎

遺句集の稿あづかるも秋彼岸/石田あき子

閼伽さげて塔下のゆきき秋彼岸/皆吉爽雨

ひとごゑのさざなみめける秋彼岸/森澄雄

あをあをと後の彼岸の梯梧の木/森田公司

秋彼岸過ぎて射し込む日となりし/平野一鬼

秋彼岸てのひら出して羽毛享く/波多野爽波

さびしさは秋の彼岸のみづすまし/飯田龍太

かみそりのひやりと置かる秋彼岸/小松栄子

秋彼岸海のなめらかな石雨に冷ゆ/大井雅人

うつし世は水買い置くよ秋彼岸/木曽シゲ子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ