季語/船料理(ふなりょうり)を使った俳句

「船料理」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「船料理」について

【表記】船料理

【読み方】ふなりょうり

【ローマ字読み】funaryori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・船生洲(ふないけす:funaikesu)

・生簀船(いけすぶね:ikesubune)

季節による分類

・「ふ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

船料理を含む俳句例

生簀舟艫に従へ船料理/清水忠彦

夕焼けて何もあはれや船料理/汀女

大阪の赤き月出づ船料理/村山古郷

板一枚尻に上司と船料理/嶋田麻紀

網ノ舟料理ノ舟ヤ舟遊ビ/正岡子規

船料理水は夜へと急ぎをり/有働亨

屑を鳶に投げやる船料理/黒田掬水

いつまでも簾西日の船料理/後藤暮汀

映る灯の浪華と思ふ船料理/嶋田峰生

皿と皿ぶつかりあつて船料理/岬雪夫

紫陽花忌橋下に雨の舟料理/吉田芙水

船料理沖から風がほど~に/高木晴子

配線を床にもしたる船料理/茨木和生

とうすみの覗いてをりぬ船料理/下田稔

波に手を遊ばせ愉し舟料理/荒川あつし

立ち上る一人に揺れて船料理/高浜年尾

舟座敷ゆるるもたのし舟料理/大野茅輪

船揺れて景色が揺れて船料理/稲畑汀子

くたびれし足なげ出して船料理/星野立子

灯のゆれて酔こもるなり船料理/矢島渚男

俳句例:21句目~

船料理果ててそのまま艀置く/原田かほる

舟底の瀬を摺る揺れや船料理/松林朝蒼「楮の花」

風にとびたがるナプキン舟料理/水口祭「かつらぎ選集」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ