季語/蓮見(はすみ)を使った俳句

「蓮見」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蓮見」について

【表記】蓮見

【読み方】はすみ

【ローマ字読み】hasumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蓮見舟(はすみぶね:hasumibune)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

蓮見を含む俳句例

異国の僧もおはして蓮見哉/嵐甲

釣舟に御僧をのせて蓮見哉/維駒

暁闇の遊子百人蓮を見る/葛馬房夫

座頭巾蓮見にまかる小船かな/召波

わけ入や浮葉乗越蓮見舟/高井几董

二合炊く筍飯や次郎来る/蓮見宏子

座布団の数が定貝蓮見舟/山下青坡

蓮浮葉水平線の見えてくる/森田智子

蓮見舟蛇の骸を波立たせ/佐々木六戈

蓮見船蛇の骸を波立たせ/佐々木六戈

敷茣蓙の藍の匂へり蓮見舟/玉澤幹郎

蓮見橋ひとりふたりと渡るなり/沖青

船頭の声のやさしき蓮見舟/柏原眠雨

僧俗の膝つき合はせ蓮見舟/嵯峨柚子

浄土巡る思ひどこかに蓮見人/林昌華

梳初の卒寿の母の髪の艶/蓮見喜美江

蓮一花仏を拝すごとく見る/大熊輝一

蓮見船浮かべてみたし空は紺/星野椿

蓮見舟えりの潰えを路とする/山口誓子

蓮見舟あらぬこと口走りそう/永末恵子

俳句例:21句目~

十年一睡別れに蓮の花を見る/田中英子

大風に蕋見えにけり蓮の花/佐野青陽人

女房が蓮を見てゐし蓮見茶屋/京極杞陽

蓮見船あらぬこと口走りそう/永末恵子

蓮見船は蓮に隠れて翡翆飛ぶ/正岡子規

蓮見船行く手に遠く筑波晴れ/伊東宏晃

蓮見茶屋箪笥の鐶に手紙さし/星野立子

遠方に赤子のつむり蓮見舟/磯貝碧蹄館

髪容チ寝乱れもなき蓮見かな/野村喜舟

蓮を見る虫喰縁に立ちにけり/松藤夏山

蓮を見る詩人のまるき食卓よ/田中裕明

風道の遠くに見えて蓮の花/加賀谷凡秋

はやそこに一口村あり蓮見舟/野村泊月

むじな藻を茶碗に浮べ蓮見舟/野村泊月

人はみな背骨立てをり蓮見舟/柿本多映

吹殻の浮葉にけぶる蓮見かな/与謝蕪村

女房が蓮を見てゐし蓮見茶屋/京極杞陽

宇治山に残る灯はあり蓮見船/野村泊月

鷭の子の舳かけりし蓮見かな/岸風三楼

棹を立て少し沖まで蓮見舟/深見けん二

俳句例:41句目~

沼舟を二艘つないで蓮見舟/大橋越央子

百姓の仕立てくれたる蓮見舟/富安風生

蓮見たくなりて上野の池之端/高澤良一

かがみ見るそれぞれ佳人蓮浮葉/和田暖泡

刀自の手になまめく念珠蓮見舟/河野静雲

星ばかり見ないで蓮が開くから/中村苑子

渦潮を蓮のうてなといま見たり/三好潤子

蓮見船わたくし雨の奥へ奥へ/佐々木六戈

蓮見船姑が座るを見て乗りぬ/蓬田紀枝子

蓮も見よ城主の碑にも寄れと僧/杉原昌子

蓮浮葉今日新しきものを見たり/尾崎迷堂

舳にしづむ花をあなやと蓮見舟/皆吉爽雨

うすうすと月がゑみをり蓮見舟/長山順子

巨大蓮見にゆく犬もつれてゆく/田中裕明

蓮見茶屋ドーンと遠き音は何/波多野爽波

はるかなる蓮見の楼に人現るる/遠藤梧逸

蓮剪りて舟を返すを樓に見る/石島雉子郎

皆立ちて舟のとどまる蓮見かな/皆吉爽雨

蓮見舟たのめば淦を汲みはじむ/岡田抜山

蓮見舟の膝にうつくし蚊遣の火/藤本阿南

俳句例:61句目~

蓮見舟わたくし雨の奥へ奥へ/佐々木六戈

蓮見舟姑が坐るを見て乗りぬ/蓬田紀枝子

蓮の花遠くにばかり見えてをり/久保ともを

蓮を見てゐて唇あけるさびしさよ/山西雅子

手を擧げてその手が白し蓮見船/佐々木六戈

蓮見る円坐ならべし大寺かな/長谷川かな女

黎明のレールわたるや蓮を見に/佐野青陽人

人乗れば蓮見舟とはなりにけり/池内たけし

ひそやかに木橋明けゆく蓮見かな/山本悠水

風立ちて一際蓮のすがれ見ゆ/阿部みどり女

急に夜の明けてきたりし蓮見かな/澤村啓子

見たきもの見えて夜明けの古代蓮/松本陽平

鷭とぶや蓮見の舟の行くかたを/大橋櫻坡子

夏帽を吹きとばしたる蓮見かな/河東碧梧桐

ひるがへる蓮の大葉を飽かず見る/橋本美代子

蓮ならぬ浮葉の見えてかゞよへる/大場白水郎

破蓮の動くを見てもせりふかな/中村吉右衛門

雨の蓮田に傾く窓倚りかかつて蓮見る/大橋裸木

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ