季語/初花(はつはな)を使った俳句

「初花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初花」について

【表記】初花

【読み方】はつはな

【ローマ字読み】hatsuhana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初桜(はつざくら:hatsuzakura)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

初花を含む俳句例

初花に女鐘つく御寺哉/一茶

山風吉野うるしや初桜/立独

初花の辛夷月夜を漂へり/林翔

消極もよしと餞初桜/後藤夜半

時鳥鳴くや木曽路の初桜/素山

甘酒の器が暖し初桜/遠藤はつ

初桜足軽町のはづれから/北枝

初桜今を今こそ一大事/小出秋光

旅人の鼻まだ寒し初ざくら/蕪村

初桜真白き船の進水す/柳沢君子

初桜男同志も恋に似て/目迫秩父

山門の奥に寺無し初桜/藤野古白

人知らぬ近道寒し初桜/羅蘇山人

初花に命七十五年ほど/松尾芭蕉

顔に似ぬ発句も出でよ初桜/芭蕉

吉野箸指にやさしき初桜/平崎千恵

あけ方のゆあみに雨の初桜/滝春一

あしあとは男なりけり初桜/千代尼

初花へ爪先だちて吉野の子/中田剛

水仙の初花一本目の香気/高澤良一

俳句例:21句目~

実朝の海あをあをと初桜/高橋悦男

橙に青みも少し初ざくら/中村史邦

明ぬれどいよいよ白し初桜/千代尼

ちると見し夢もひとゝせ初桜/几菫

太白の語りそめたる初桜/山田弘子

初櫻腕白くして時計せり/和田悟朗

鯉守のやがてさびしき初桜/斎藤玄

早鮓の昼にならぬや初ざくら/和流

ゆくりなく鎌倉五山初桜/小島左京

風またも水を走れり初桜/藤崎久を

初花に山の寒さの朝月夜/青木月斗

初ざくら早逝の父敬はず/加茂達彌

酒いてやゝ目のほてる初桜/飴山實

逢坂のかたまる頃や初ざくら/千那

身延路の初桜には間ある旅/星野椿

見て戻る人には逢はず初桜/千代尼

徐ろに眼を移しつゝ初桜/高浜虚子

巡り来て再び仰ぐ初桜/鈴鹿野風呂

初桜とびかふ恋の噂かな/仙田洋子

初桜三皇子洛に入り給ふ/中川四明

俳句例:41句目~

初桜二番桜も咲きにけり/正岡子規

人混まぬ朝の大仏初桜/石井とし夫

鉛筆で髪かき上げぬ初桜/星野立子

五月朔日初花なりし時計草/滝春一

初桜天金の書を開かしむ/嶋田麻紀

薺初花湖岸は未だ荒々し/吉田健二

老木の恥らひに似て初桜/大森勝美

乃木隊の墓初花の下にかな/有働亨

七夕に契り置きてし初桜/上島鬼貫

佛足の曼陀羅匂ふ初櫻/下村ひろし

墨に雲人のこと葉の初桜/上島鬼貫

山風に小揺れ大ゆれ初桜/高木晴子

咲き乱す桃の中より初桜/松尾芭蕉

燭をもて初花仰ぐ酔ひにけり/龍男

初花に景の正面生れけり/藤崎久を

鉄線の初花雨にあそぶなり/飴山實

あけがたのゆあみに雨の初桜/瀧春一

石窟仏葛の初花崖に垂れ/加倉井秋を

石鎚山に雪のまだある初桜/二宮千鶴

立山の雲脱ぐ頃や初ざくら/吉田鴻司

俳句例:61句目~

約したる稿を起しぬ初桜/深川正一郎

けふ来ずば人のあとにか初桜/千代尼

遠き忌は喪服もつけず初桜/皆吉爽雨

遠つ世の甍もひかり初桜/岡部名保子

鳥はまだ口もほどけず初桜/上島鬼貫

なほ煙る炭窯一つ初ざくら/亀井絲游

はるかなる月日語りて初桜/稲畑汀子

ぽつ~と雨降つて来し初桜/高木晴子

むらさめに光る蔵町初桜/藤井寿江子

一蕾の解け初花となる軽さ/藤浦昭代

中学生となる金釦初ざくら/中山純子

供ぶれも折にこそよれ初桜/向井去来

初桜さて世の中は化鳥かな/加藤郁乎

初桜つめたき山を川上に/神尾久美子

初桜仕上がつてくる婚の帯/青山常子

初桜勝御輿とて深傷負ひ/石黒ナツ子

初桜秀野をしのぶ町にあり/福田道子

初桜筆やはらかく持ち直す/田中幸雪

初桜老舗に飾る菓子木型/鈴木フミ子

初桜長き看取りを幸とせむ/中島京子

俳句例:81句目~

初桜風来れば又そはそはと/高澤良一

初櫻先師に向ひ合ふごとく/高澤良一

初花と見し夕空のありにけり/岸田稚

初花にまだ旅ゆけぬ未完稿/野澤節子

初花のまだ朝日子に紛るるほど/林火

初花の俄かなる数仰がるる/山田弘子

初花の夕べは已にほの白く/高野素十

初花の夜をたゆたひ雨泊り/吉田鴻司

初花の寺に四五人女客/有働/清一郎

初花の椿を供華に良弁忌/松沢白楊子

初花の蕾ころがる山路かな/中島月笠

初花の薄べにさして咲きにけり/鬼城

初花へ母を連れ出す車椅子/住藤信子

初花も落葉松の芽もきのふけふ/風生

初花を藍ほとばしる山にこそ/中田剛

奈良はよし朝餉の卓に初桜/福田蓼汀

散と見し夢もひとゝせ初桜/高井几董

日時計の秒針速し初ざくら/菅原星夫

朝顔の初花なるが箔のごとし/中田剛

朧銀の水のめぐりて初櫻/加藤三七子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ