季語/菱の花(ひしのはな)を使った俳句

「菱の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菱の花」について

【表記】菱の花

【読み方】ひしのはな

【ローマ字読み】hishinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

菱の花を含む俳句例

行く水の跡や片よる菱の花/枇隣

夕立や菱の上飛ぶ水馬/松藤夏山

珍重や菱喰雁の寒見舞/川島奇北

陵へ通ふ風見え菱の花/山尾玉藻

湖の神の育てし菱の花/小野/菖菊

大樽の漬りたる水菱の花/川崎展宏

髪洗ふ沼の乙女や菱の花/片岡奈王

胸薄く来たりて菱の花愛す/岸田稚

山鴉鳴きしことなし菱畳/間立素秋

竿立てて田舟戻りぬ菱の花/浜福恵

盥舟移れば閉づる菱だたみ/角菁果

袷着て雨に寒がる僕かな/五車反古

蜻蛉の尾を点じ去る菱の花/藤井紫影

蓮浮葉すこし離れて菱畳/尾高青蹊子

蓮の水菱の水へと続きけり/高濱年尾

この池は菱とりの池菱若葉/前田普羅

菱畳より貌あげて鳰の子よ/岸風三楼

まつくろな藤原仏や菱咲ける/辻桃子

一峰に雨ののこりし菱の花/古舘曹人

半ぎりは女の舟や菱熟るる/井上正人

俳句例:21句目~

半切の底少し見え菱ちぎる/荒金久平

菱売りの声の近づく昼下り/伊藤通明

菱売の菱の中よりはだか銭/浜地其行

菱刈りの面を叩く夕立かな/前田普羅

心屈しゐて見る波に菱の花/石原八束

杜深くかくれ湖あり菱の花/渡辺満峰

水の嵩減る一方に菱咲ける/草野駝王

菱の花北上川の音もなし/加藤知世子

沼神の老いやさらばひ菱の花/原石鼎

雪加鳴く水中冥き菱の池/千代田葛彦

待つ胸に形なして行く花菱草/野崎明子

濠あれば居る菱舟や淀の秋/五十嵐播水

献盃式果てゝ白むや菱燈籠/名和三幹竹

町裏の川のおもてに菱をとる/京極杞陽

盆中の西馬音内川菱浮かばせ/高澤良一

菱の水めだか微塵に孵りけり/西島麦南

菱ちぎるひそけき音と水音と/真木洛東

菱とりの水掻く両手袖のなく/後藤夜半

菱の花引けば水垂る長根かな/杉田久女

菱の花閉づる日差の薄れ来て/式地須磨

俳句例:41句目~

菱咲くや湖とつながる濠の水/小林七歩

よく見ればところ~に菱の花/鈴木花蓑

子をつれて鷭のあるける菱畳/吉川葵山

富士消えて菱の汀のあるばかり/岸田稚

菱若葉湖舟太古の刳りをもつ/西本一都

水門の近くの菱を引きにけり/藤田あけ烏

菱の花撫養川こゝに滞る/谷崎/和布刈男

引き寄せし菱につきくる蛭蓆/大野多美三

咲きてうれし墓の辺りの草の花/五車反古

友の子がみるみる母に菱の花/八木林之介

菱摘みし水江やいづこ嫁菜摘む/杉田久女

菱摘むとかゞめば沼は沸く匂ひ/杉田久女

菱浮葉いまだ汚れぬみどりかな/高濱年尾

濯ぎ場のほとりの菱や今朝の秋/芝不器男

菱とりの遠き両手をかがやかせ/後藤夜半

雨風が微雨になりゆく菱の花/柴田白葉女

菱の中に日向ありけり目高浮く/村上鬼城

菱の花ありと言はれて気づきたり/右城暮石

菱が笊に在つて勝手から沼を見る/喜谷六花

姥となるべし一夜一顆の菱食べて/大石悦子

俳句例:61句目~

菱売の児の声やさし呼び止むる/小原菁々子

菱摘みに沼のきらめく日なるかな/内田准思

まだ菱を摘むふるさとの水ありし/倉本三鶴

ここで終わらじ風の出口の菱の花/河合凱夫

いくばくか廣さを占めて菱の花/八木林之介

えりの門を棹さし入りぬ菱の舟/五十嵐播水

湖の神そだてし菱のしげりけり/水原秋櫻子

菱ぎちぎちと星つぶす夜をこめて/八木三日女

菱の葉へさざなみ寄れる夏書かな/藤田あけ烏

あはれにもあからさまにも菱をとる/京極杞陽

濠の菱舟むかしむかしの音きします/加藤知世子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ