季語/植田(うえた)を使った俳句

「植田」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「植田」について

【表記】植田

【読み方】うえた

【ローマ字読み】ueta

子季語・関連季語・傍題・類語など

・早苗田(さなえだ:sanaeda)

・五月田(さつきだ:satsukida)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

植田を含む俳句例

早苗束濃緑植田浅緑/高野素十

仁丹の看板健在植田中/高澤良一

胴亀や昨日植ゑたる田の濁り/許六

苗一把植田見廻る後手に/田中絹水

畦蛙とんで植田の水乱す/高澤良一

潮急に植田は鏡より静か/川端茅舎

壊しき榛の入日の植田かな/松崎豊

夕方の植田の広さ蝶低く/星野立子

植ゑ田水自決の髻さへ映す/竹中宏

植田見しより南国の旅人に/稲畑汀子

けふ出来て植田は寒し机にゐ/中拓夫

余呉の鳶植田にを落しけり/石田勝彦

城囲む植田の緑日日濃ゆく/福田蓼汀

田を亘る風に微笑む植田水/高澤良一

南風や植田濁りにとぶ雀/吉岡禅寺洞

植田成る間伸びのこゑの夕蛙/及川貞

暁の不二植田を前の焚火跡/木村蕪城

暁の月がありたる植田かな/高木晴子

一本の桐の咲きゐる植田かな/岸田稚

曉の不二植田を前の焚火跡/木村蕪城

俳句例:21句目~

植田寒岳が平たく写りたる/野村仙水

大雨に濁りかへせし植田哉/青木月斗

奥能登や植田と海と隣り合ひ/小澤裕

子らと跳ね植田の伸びの一週間/原裕

学校前の日毎に植田一つづつ/中拓夫

度忘れの向うで光る大植田/河口俊江

整然として植田あり朝焼す/相馬遷子

水郷に一舟あそぶ植田かな/和田春雷

一棹の鳥を野末に植田寒む/高井北杜

植田村帰化亀駆除に一騒動/高澤良一

青空に闇が待ちゐる植田原/宮坂静生

鴨山と呼ばれ植田の五六枚/桐田春暁

植ゑし田の中の巌や忘れ笠/飯田蛇笏

一枚の植田ひかれり神楽笛/佐野美智

さつぱりと植田三枚夕景色/柴田白葉女

天の神地の神たちに植田澄む/右城暮石

どむみりと大山入れて植田水/高澤良一

植田は鏡遠く声湧く小学校/殿村菟絲子

ほつほつと植田のふゆる仏道/安藤立詩

完全に植田となりて誰もゐず/池田秀水

俳句例:41句目~

植田一枚布裂き布織る広さかな/峠素子

みちみちて水の寝息の植田村/熊谷愛子

植田原夜は月光の棲むところ/佐川広治

植田より植田におちる水の音/田中冬二

折紙の裏から濡れて植田水/磯貝碧蹄館

植田飛ぶ蝶一日を水とあり/蓬田紀枝子

中国のあれは植田か近からず/高木晴子

植田水に空を残して帰りゆく/細見綾子

能登は今植田づくしの水の国/安居正浩

良寛墓所尋めゆく頬に植田風/高澤良一

参道に吹き込む真野の植田風/高澤良一

菖蒲田と植田と水を分ち合ふ/細見綾子

藺田暗く植田明るし備前窯/殿村莵絲子

見渡して空知植田は畦塗らず/高濱年尾

越前や近江の植田も雨の中/鈴木六林男

皆大き足跡ばかり植田澄む/菊池光彩波

陸羽東線植田に朝の杉の影/田川飛旅子

名も知らぬ祠と憩ふ植田べり/佐野美智

鯉の仔を放ち植田は夜となる/田中冬二

千枚に継子のごとき植田かな/橋本榮治

俳句例:61句目~

植ゑし田に大落日の宿りける/土生耕石

白鷺の花となるまで植田水/神尾久美子

旧の七夕植田に迫る怒濤光/田川飛旅子

陣跡の植田見放くる腰曲輪/下村ひろし

植田水母の誤字こそ尊ぶべし/磯貝碧蹄館

植田澄み飛燕虹よりはるかなる/西島麥南

植田よりなほさみどりに伊吹山/福田蓼汀

濁りまだ消えぬ植田の匂ひくる/本多芙蓉

産声の打ちわたりたる植田かな/関戸靖子

かささぎに植田明りの果もなし/米谷静二

なつかしき程の雨降り植田かな/高浜虚子

舗装路を植田あふれし水よぎる/横山白虹

ふるさとの植田風そふ征馬の碑/佐野美智

やや小さき足跡混じる植田かな/川村紫陽

日が射して植田緑の美を尽くす/山口誓子

夕焼のうつりあまれる植田かな/木下夕爾

血より濃し植田植田をつなぐ水/津田清子

小波の立ちてうれしき植田かな/高野素十

手術後の安静に似て植田あり/松倉ゆずる

足跡ににごりの深き植田かな/小川つとむ

俳句例:81句目~

早乙女の重なり下りし植田かな/高浜虚子

来信や平野に植田ゆきわたり/北村美都子

根付きゆく静けさにあり大植田/田中照子

音もなく海あらはれぬ植田の先/桜井博道

植田はや正しき波を刻みつゝ/若林いち子

植田はや白鷺の舞ひ下りにけり/志水圭志

植ゑしざりつつ見る田はや風そよぐ/篠原

植ゑし田に夕焼淡くみだれたり/相馬遷子

植田まだ空を映してゐるばかり/高浜年尾

植ゑし田に映りて飛騨の蔵庇/馬場移公子

高みの田低き田のみな植ゑ進み/高木晴子

植田上る夕べの安堵見ゆるなり/松村蒼石

植田守る男ときをり街を眺め/福田甲子雄

みなぎりて水のさみしき植田かな/草間時彦

夜の植田シーツの幅に人は寝て/北原志満子

ひんがしに白き月あげ植田かな/遠藤まさ喜

雨のまま暮れて瞼の植田を消す/林田紀音夫

この青き植田なければ鬼舞へず/神田ひろみ

匂ひふと植田の道に入りしこと/平尾みさお

よく見つめなくば植田と思はれず/高木晴子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ