季語/単衣(ひとえ)を使った俳句

「単衣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「単衣」について

【表記】単衣

【読み方】ひとえ

【ローマ字読み】hitoe

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

単衣を含む俳句例

地下鉄の青きシートや単物/汀女

碁敵や単衣羽織の夕姿/尾崎紅葉

わが背の単衣とほしぬ樫の露/槐太

中空の鴉見送る単衣かな/岩田昌寿

単物飄然として郷を出づ/子規句集

灯吹く単衣の肩のほそりかな/種茅

絨緞に妻が引き出す単物/古舘曹人

夏羽織白き単衣を愛すかな/内藤鳴雪

太棹の語りの人の単衣かな/安原楢子

襟もとの白すこし見え単衣もの/実花

忘れものせし如軽し単衣著て/八木春

秋めくや素肌の単衣朝薄し/石塚友二

退院も近く単衣を送り来し/高濱年尾

哀歓はふたつ袂に単衣着る/井沢正江

女人高野単衣の妻を先に立て/長倉閑山

単衣着て松の木の間を出る心/島田青峰

父知らぬわが長身の単衣もの/松村蒼石

風もなく壁に掛けたる単衣哉/尾崎紅葉

焼酎の濃度をとこの黒単衣/柴田白葉女

水溜りあればひらひら単衣/中尾寿美子

俳句例:21句目~

娘の家に物差はなし単衣縫ふ/下村梅子

風はらむ単衣の袖の軽さかな/山本幸代

旅いつも来向へる中単衣着る/皆吉爽雨

巌門とひつぱり餠と単衣の子/神尾季羊

単衣きてまだ若妻や鶴を折る/星野立子

薄単衣やうやく不順抜け切りて/及川貞

耳につく虻の声のみ単衣裁つ/藤木清子

籏ことの得意の単衣藤大胆/殿村莵絲子

干し衣は紺の単衣のよく乾き/高浜虚子

母の忌や母の形見の単衣着て/森田雪子

単衣着て妻恋坂の影踏みぬ/徳田千鶴子

家にゐて何もせずゐる単衣かな/森澄雄

魂去りし父の単衣のたたまるる/堤高嶺

着やせする黒といふ色単物/山下寿美子

眼にしみし去年の単衣を又著たる/虚子

とりいでて小柄の母の単衣かな/石原舟月

ひろげ着る単衣の陵の走り消ゆ/亀井糸游

ぴんと張る両の袖山単衣着る/小原うめ女

休み海女汐着単衣の下に着て/猿橋統流子

単衣着てたゞの一個のわれなりし/芒角星

俳句例:41句目~

単衣着て常の路地抜け店通ひ/鈴木真砂女

単衣着て身めぐり水の湧く音す/稲垣黄雨

単衣着て風よろこべば風まとふ/中村汀女

愛憎のかくて薄るる単衣かな/鈴木真砂女

普段着の水母の単衣よかりけり/高澤良一

燈火吹く単衣の肩のほそりかな/原田種茅

墓洗ふ父の知らざる単衣着て/渡邊千枝子

肩より裾へ単衣の縞の走るよし/高浜年尾

背ふくれて単衣新しき媼かな/島村元句集

乳あらはに女房の単衣襟浅き/河東碧梧桐

単衣着の襟の青滋にこゝろあり/飯田蛇笏

いと軽げ折目正しき単衣召し/藤田つや子

かはたれのひかりのさむき単衣かな/有風

曾て見ざりし寛げる君や単衣物/楠目橙黄子

看護婦をやめるときめし単衣縫ふ/増子悦子

単衣着て晶子をわかき死とおもふ/矢島房利

松籟に単衣の衿をかき合はす/阿部みどり女

単衣の膝児が摘みて来る花溜る/上野さち子

単衣着て葉ずれの音の帯を巻く/能村登四郎

単衣着の多佳子を憶ひ悼みけり/下村ひろし

俳句例:61句目~

いくさ遠し遠しと思へ単衣縫ふ/山田みづえ

海女単衣緋の細帯を垂らし解く/猿橋統流子

龍之介かたみとありし単衣かな/車谷弘佗助

単衣著てみずら太子に近くゐる/加藤三七子

涼しさや帯も単衣も貰ひもの/竹下しづの女

単衣着て足に夕日のさしゐたり/橋本多佳子

単衣着て老いじと歩む背は曲げず/鈴木真砂女

単衣きりりと泣かぬ女と見せ通す/鷲谷七菜子

血の音のしづまるを待つ単衣着て/能村登四郎

単衣きてただの一個のわれなりし/細木芒角星

単衣着て若く読みにし書をひらく/能村登四郎

手紙書くひまのできたる単衣かな/久保田万太郎

たたみをる単衣の皺に夏ありや/飛鳥田れい無公

単衣きて軒あさき灯をむさぼるや/飛鳥田れい無公

単衣きて樹がはつきりしてはつきり苦境/中塚一碧樓

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ