トラックを使用した俳句

トラックに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

トラックを含む俳句例

歳晩やトラック滴るまで洗ふ/誓子

歳晩のトラックの牛尻並ぶ/石寒太

塀の外トラック通る牡丹哉/滝井孝作

堂島の初荷トラック初荷舟/高石幸平

トラックの荷台の舞台秋祭/大貫正子

祭馬トラックに乗り到着す/飯島正人

鉄運ぶトラック洗ひ年終る/菖蒲あや

立葵トラック野郎海を見る/岸田房子

汗拭くやトラックの氷塊疾し/原田種茅

トラックの胴に歌麿冬ざるる/山下和子

トラックが落せし鮪雨しぶく/木村蕪城

枯堤トラック後退し来たれる/山口誓子

トラックに婚の荷高き豊の秋/池田秀水

太陽は街に野菜はトラックに/寺川峡秋

トラツクの前輪水仙にかかる/奥坂まや

天地旱トラックの尾の赤き布/西東三鬼

トラックの来て運び去る札納/原島悦子

春夕焼土積むトラック坂のぼる/桜井博道

トラックが動き枯木の影敷けり/内藤吐天

海を見てトラック憩ふ春の雁/百合山羽公

俳句例:21句目~

紫雲英田に赤土トラック一車分/茨木和生

赤銅いろ陸上トラック落花馳せ/高澤良一

トラックで売る駅前の青みかん/井口朝子

トラックを止めて差出す踊寄付/松永/珠

雪嶺や肉塊トラックよりおろす/藤岡筑邨

トラックに乗り行く浅き浸水地/右城暮石

トラックに子のあふれをり花梯梧/南恵子

トラックの上に庭師の三尺寝/榎田きよ子

トラックの幌にこぼるる柿の花/岩田由美

トラックの激しき出入り燕の巣/右城暮石

トラックの荷台が売場農具市/佐藤たみえ

トラックを洗ひあげたる柿若葉/岩田由美

トラツクが鈴蘭揺らす釈迦の朝/四ツ谷龍

トラツクにでこぼこの道葡萄摘/長谷川櫂

氷塊を積むトラックの急に停車/右城暮石

土用波トラックも又孤影なり/軽部烏頭子

夕凪にもう電飾のトラック部隊/横山白虹

内裏雛トラック通るたびに揺れ/水上孤城

新藁のトラックを除け背な熱し/西村公鳳

ちちろ鳴く造園業のトラックに/曽根富久恵

俳句例:41句目~

トラックが婆拾ひ去る雪間かな/上田五千石

トラックが枯野越え来て女おろす/寺山修司

トラックが鈴蘭揺らす釈迦の朝/四ツ谷/龍

トラックに乗りて学徒ら霜きびし/岸風三楼

干草のトラックも乗り渡舟かな/嶋田摩耶子

トラック遠く走り炎天しづまれる/右城暮石

柴積んでトラック出でぬ山始/長谷川かな女

植木屋のトラック一日春の雨/かみや久仁彦

トラックの風にやぶれて昼顔は/夏井いつき

トラックの轟き秋蚕まろびけり/殿村菟絲子

疾走するトラックの人ら日向ぼこ/渡辺水巴

短日やトラックで来る野菜売り/小俣由とり

トラックの幌の暗がり雪降り込む/西村和子

刈りし藻を運ぶトラック待機せり/茨木和生

トラックの並び出を待つ犬ふぐり/木藤一昭

寝てトラック修理の頸に西日濃し/宮坂静生

雪解くるマヌカン素裸トラックに/寺田京子

鯉のぼり砂利満載のトラックに/穂坂日出子

黒血流す春夜がらくたトラックが/寺田京子

トラック去る天の岩戸の清水積み/山口超心鬼

俳句例:61句目~

トラックより人這ひいづる晩夏かな/岩田昌寿

トラックよりも淋しい会話春落葉/八木原祐計

トラックの背後の冬の距離ちぢまず/藤後左右

河口より黄のトラック群わが戸口に/大石雄介

初荷トラック発つまで暗く店塞ぐ/秋山青一点

濡れて青いトラックが来る娶りの家/中村孝史

砂利トラック洗ふ馬洗ふごとくなり/木村蕪城

トラックヘ荷揚鰯がどしや降れる/槫沼けい一

トラックにのり貨車にのり日の盛/久保田万太郎

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ