盆の闇を使用した俳句

盆の闇に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

盆の闇を含む俳句例

町中の闇は城山盆の月/上暮潮

盆の闇一族となり水運ぶ/森田智子

荒涼と山の闇あり送り盆/草間時彦

貝殻の真の闇くる風の盆/田中勇詩

群盲の岩場なす闇燃ゆる盆/成田千空

闇に指返しそらせり風の盆/加藤耕子

ぬばたまの闇を三河の送り盆/椎橋清翠

山々の闇をあつめて風の盆/田井三重子

盆の闇鯉の跳ねたる音がまた/茨木和生

薄闇に衣ずれが過ぎ盆過ぎぬ/鈴木鷹夫

風の盆闇におわらの迎へ唄/名賀石富子

刃をわたるごとく父来る盆の闇/八田木枯

土俑焼く闇のおどろに送り盆/つじ加代子

地蔵盆山より闇の下りてきし/成瀬櫻桃子

地蔵盆闇にとび出す輪投げの輪/杉山ふさ

盆千灯もろもろの闇うごめきぬ/山口草堂

盆提灯過ぐたび闇に樹の根浮く/鈴木鷹夫

真闇へと連れ去られなむ風の盆/西村和子

闇の門に黄泉の火起す迎へ盆/麻生あかり

風の盆胡弓は闇にまさびしき/猪俣千代子

俳句例:21句目~

誰の背も闇が濃くなる地蔵盆/鍵和田ゆう子

身の闇や盆提灯のきえしとき/久保田万太郎

母の嘘なつかし地蔵盆の闇怖ろし/河原枇杷男

盆の闇/わたしはわたしの灯へ歩く/高橋千鶴子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました