娑婆を使用した俳句

娑婆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

娑婆を含む俳句例

又今年娑婆塞ぎぞよ草の家/一茶

元日やどちら向ても花の娑婆/一茶

又ことし娑婆塞ぎぞよ草の家/一茶

娑婆以来真猫しだれ柳かな/加藤郁乎

山下りていま日盛りの娑婆世界/春樹

牢を出て再び寒し娑婆の風/正岡子規

白浪物短けぇ娑婆に昼の虫/高澤良一

二日灸娑婆苦の煙あげにけり/福田蓼汀

六道のここら娑婆道参りかな/清水基吉

大揚羽娑婆天国を翔けめぐる/飯田蛇笏

戸隠の霧に娑婆気抜かれけり/高澤良一

水洟や娑婆ッ気つひに微塵なく/龍岡晋

竹娑婆と昼寝の床に動きけり/正岡子規

ことしから丸儲けぞよ娑婆遊び/小林一茶

散とのみ見る目や娑婆の冬木立/上島鬼貫

行水や娑婆苦楽しむごとくなり/小林康治

娑婆といふ紅蓮を堰きて網戸あり/高澤良一

娑婆の縁尽きかかりしに初諷経/宗像仏手柑

芭蕉葉の娑婆と舞ひたる野分かな/正岡子規

苦の娑婆に関心ありて精霊来る/成瀬桜桃子

俳句例:21句目~

今日もはく娑婆苦の足袋の白かりき/飯田蛇笏

秋暑き娑婆によきことあらねども/八木林之介

けふもはく娑婆苦の足袋のしろかりき/飯田蛇笏

苦の娑婆の蟲なきみちてゐたりけり/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました